FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

老後に必要な資金、1億円



理想の老後を送るのに必要な金額は?

philosophy_movie1_img01.png

これから大変な時代になっていくということは、容易に想像できるわけですね…。


話をちょっと切り替えまして、「理想の老後」というランキングがあります。1位旅行、2位スポーツ、3位楽器。年を取ったら、少しくらいはのんびりしたい。楽しいことがしたい。今まで頑張ってきた分、楽しく豊かな老後生活を送りたいと思う方が多いのではないかと思います。

一方で、現在の高齢者の1か月の生活費。こちらが、平均で25万円くらいかかっています。
もし定年の60歳から90歳まで生きるとして、30年間で約1億円が必要な計算です。

この支出額は一般的な暮らしでのものなので、年に2回ほどご夫婦で旅行にいくですとか、外食をする、お孫さんにプレゼントをする、なんてことをしようとすると、平均で35万円ほど必要と言われています。

35万円で計算すると、30年間では約1億2千万円ほどが必要になってきます。

年金だけでは足りない!

philosophy_movie2_img02.png

必要な生活費がわかったところで、収入に話をうつします。

現在年金でもらえる金額は、大体夫婦で20万円くらいと想定されています。
これを65歳から90歳までもらったとして計算しますと、合計6千万円くらいになるんです。
必要額が1億から1億2千万とすると、年金をもらってもあと4千万から6千万くらい、間を取って5千万くらいは用意しないことには、生活自体も困ってしまいます。

年金だけではとても無理だということですね。

もし30歳から60歳までの30年間で、年金に足りない5千万円を貯めるとしたら、大体毎月14万円を貯蓄する計算になります。

これ、中々厳しい数字ですよね。やっぱり、貯蓄できても毎月数万円から十万円弱という方が大半なのではと思います。

1億円が必要

philosophy_movie2_img03.png

月給35万円という数字があります。これは、現役世代の月給の平均です。
もしここから毎月貯金していくとしても、大変なんです。
現役世代の1か月の生活費の平均が32万円という数字が出ています。
差し引き3万円ということで、毎月14万円には10万円以上足りない。

また、結婚や子育てといったライフイベントでもお金がかかってきます。
ざっというと、結婚に450万円、出産に50万円、住宅購入費で3,300万円、教育費で1,000万円、それに自分たちの親の介護費で3,000万円。
こういったお金まで考慮していくと、足りない金額は10万円どころではなくなります。

老後必要な資金が5千万、ライフイベントにかかるお金が(住宅を購入しない方もおられると思いますので、その分を引いたとしても)5千万、合計で1億円ほどの貯蓄が必要になってくるのではないでしょうか。


最短翌日!無料!クイック口座開設資料のダウンロード

このページの先頭へ