FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > FX(外国為替証拠金取引) > マネパは7年連続「約定力」No.1
FX

パートナーズFXは、すべらない!7年連続約定力No.1!


マネーパートナーズのパートナーズFXは、株式会社矢野経済研究所が実施した、主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、スリッページ及び約定拒否が発生せずに提示価格で注文が成立する(約定する)率(※)で7年連続となる「100%」を獲得いたしました。

約定力とは…
スリッページ約定拒否が発生せずに、お客様の意図するタイミングと価格での取引ができる力を指します。
スリッページとは…
実際にみて注文した価格と、異なる価格で注文成立することをいいます。
約定拒否とは…
注文をしても、約定しないことをいいます。本来得られる利益を失ってしまったり、損失が大きくなることがあります。

 

「提示価格での約定率」ランキング

スリッページ設定「1pip」の場合
順位 業者 スリッページ発生率 約定拒否発生率  提示価格での約定率(※)
1 マネーパートナーズ 0.0% 0.0%  100.0%
2 A社 2.5% 1.0% 96.5%
3 B社 5.0% 0.0% 95.0%
4 C社 21.0% 0.0% 79.0%
5 D社 27.5% 0.0% 72.5%
6 E社 32.0% 0.0% 68.0%
7 F社 45.0% 0.0% 55.0%

※提示価格での約定率…注文したレートからスリッページ・約定拒否が発生せずに約定した確率

なぜ、パートナーズFXは提示価格どおりに約定するの?

外国為替(FX)の世界では、お客様に提示されている価格どおりに約定せず、スリッページや約定拒否が発生する場合があります。

マネパには、代表の奥山をはじめ、投資家やディーラーとして、自分で注文をだしていた経験のある人間が多数います。
「自分が買いたい、と思った価格と違う価格で勝手に買われたら嫌だよね」
「なぜ違うレートになるのかわからないと、信用できない」
そういう経験からくる、絶対的な想いで、注文を100%スリッページさせないで受けられる環境を、システム面からも、注文をうける体制からも、とても大事にしてきました。

パートナーズFXでは、提示されている価格どおりに注文が成立します。提示価格からずれて約定したり、約定を拒否されるということはありません。例えば、相場の急変時や大きく動いているときなどにおいて、スリッページが発生して意図している価格で取引できなかったり、注文自体が成立せずに慌てるといったことにはなりません。

img_no1_2014_02.gif

このような状況を受け、当社ではお客様の意図するタイミング・価格で取引を実現する力、「約定力」を重視しております。
公平かつ価格の透明性の高いFXサービスを提供し続けることで、お客様にとって不可抗力である「業者都合による約定価格の変動、機会損失のリスク」を排除することが大切であると考え、提示価格どおりに100%約定するレートの提供を行っております。

今後も提示価格どおりに約定できる価格を提供し続けていくと共に、お客様の更なる利便性を追及し、取引環境の改善を行ってまいります。



------------------------------------------------------------------------------------------------------
【調査要綱】
(1)調査の目的
・主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査

(2)調査日程
・2015年11月下旬~12月上旬(2日間)

(3)調査時間
・日本時間の20時~21時の1時間程度

(4)調査対象通貨ぺア
・USD/JPY

(5)調査対象
・矢野経済研究所「2015年版FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」より2014年度(2014年4月~2015年3月)の有力企業のうち任意に抽出した7社を選定

(6)調査の方法

・マーケット注文(ストリーミング)で、買(新規)⇒売(決済)を繰り返す
・1日50売買の100約定×2日=200約定
・発注単位は1万通貨単位
・調査においては、スリッページ許容設定のある会社は、「1pip」に設定
・調査の精度を向上させるため、同スペックのPC、インターネット回線を使用
・マネーパートナーズは「パートナーズFX」を使用



※前回の調査結果はこちら
※2016年1月8日現在の情報をもとに掲載しております。


株式会社矢野経済研究所

1958年に創業されたマーケティング・リサーチ分野のパイオニアであり、最古参の大手市場調査会社。その調査レポートは、客観性、中立性の堅持を経営理念とするその堅牢な姿勢で、日本を中心にアジア圏のあらゆる業界からの信頼を得ている。

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > FX(外国為替証拠金取引) > マネパは7年連続「約定力」No.1