ペーパークラフトのダウンロード

PDFダウンロード

一緒に組み立てよう!

写真1

※記事中のペーパークラフトはプロトタイプバージョンのため、実際のものと異なる場合があります。

マネパ ランボルギーニの新車ウラカンは、とてもキレイな曲線でデザインされている。このデザインを再現するために、今回のペーパークラフトは難易度がアップしているぞ。

さぁ、このページを見ながら一緒に組み立てよう!

はじめに

写真2 まずは道具を準備しよう。カッターと糊と定規、それからカッターを使ってもいいマットもあると便利だぞ。
パーツを直線に切るとき、折るときは、定規を当てるのがポイントだ。

①サイドパネルを組み立てよう

サイドパネルはウラカンの特徴のひとつ「前輪の後ろにある段差」をキレイに作るのがポイントだ。
パーツを切り抜く時は、黄色の①を切り取らないように注意しよう。
前輪部分の曲線は難しいから、ゆっくり慎重に気をつけて!
切り抜いたら、まずはノリを付けずに下の画像のように折ってみて、それから糊付けしよう。 写真3

糊がしっかり付いたら、フロントグリル部分を内側にカーブさせておくと後でラクだぞ。
下のようになったら完成だ。 写真4

②ボンネットを組み立てて、①と貼り合わせよう

ボンネットは糊しろが細かく付いているが、これは下の画像のように全体を切ってから△部分を切り抜くをカンタンだ。 写真5 糊しろを全て折ったら、前輪の後ろの段差部分からフロントグリルに向けて貼り合わせて行こう。後端の赤い部分は糊しろではないので折るだけでOKだ。

ボンネットを両側から①の曲線に合わせて貼り合わせて、最後にフロントグリルの糊しろで左右をつなげば完成だ! 写真6

③ルーフ&リアを、①の後端から貼り合わせよう

パーツのを切り抜いたら、まずはリア部分を全て折り曲げよう。山折りと谷折りに注意!直前部分は定規を使うとキレイにできるぞ! 写真7

しっかりと折ったら、①の後端とルーフの後端を揃えて貼り合わせよう。
その後、リアウィング側からディフューザー側に向けて上から順に糊付けしよう。
このとき、下右画像の矢印部分を残して貼るように! 写真8

④サイドウィンドウを組み立てて、③と貼り合わせよう

サイドウィンドウは、まず単品で糊付けをして下左画像の状態にしよう。
それをボディ下から中に入れて、フロントウインドウとAピラーの角を揃えて、ルーフの前から後ろに向かって貼って行こう。
このとき④の後ろの糊しろとボディ側は、まだ貼らないように! 写真9

左右を貼ったら全体のバランスを整えて、裏側から④の後ろの糊しろを貼って行こう。
その後、ボディ側を後→前→中央の順に貼っていこう。
かなり狭いところで難しいけど頑張って! 写真10

もう完成はすぐそこ!ここまで上手に出来ていると、横から見たときに下画像のようなキレイなカーブになっているハズだ。 写真11

⑤リアウィングと、⑥補強板を取り付けよう

リアウィングは強度アップのために山折りに重ねて貼るところが多い。キレイに折らないと完成形が曲がってしまうので注意しよう!
ボディとウィングをつなぐパーツを下左画像のように、糊しろの内側が黒、外側が白になるように付けて、ボディの斜線の部分に貼り合わせよう。
最後に⑥補強板を前輪の下に付けたら… 写真12

完成!!

写真13