株式会社マネーパートナーズ ホームページ寄稿     二〇二〇年 五月

 コロナウイルスは万人の予想を超える猛威を振っている。最早単なる保健問題ではなく、経済、社会、政治、安全保障等々の分野を巻き込んだ全文明的なパンデミック" />

FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替古今東西

最新の記事

第176回「歴史のテスト」

2020年05月01日

株式会社マネーパートナーズ ホームページ寄稿     二〇二〇年 五月

 コロナウイルスは万人の予想を超える猛威を振っている。最早単なる保健問題ではなく、経済、社会、政治、安全保障等々の分野を巻き込んだ全文明的なパンデミックになった感すらある。目下の所は何しろ終息の見通しが全く立たないので、話が混乱するのは仕方がない。しかしこれから段々と状況が明らかになり、将来の展望も見えるようになると、その時にはわれわれはこの出来事がわれわれの存在にどういう変化と課題を齎し、われわれはそれにどう対応しなければならないかという本格的な、歴史的な問いに直面することになるだろう。

コロナウイルスが人類に齎した問題は大ざっぱに云うと二種類ある。一つは、個人、家族、企業、国家というようなさまざまな主体がこれからどういう性質、相互関係、行動様式を持っていくのだろうかという問題であり、もう一つは、これからの世界はどういう仕組みと力関係、換言すれば秩序の下で動いていくのかということである。

一九八〇年代から世界にはさまざまな変化が次々に起こった。冷戦の終了、IT革命、金融産業の急拡大、ユーロの誕生、グローバリゼーション、資産バブル、リーマンショック、ユーロ危機、習近平の登場と中国の台頭、環境問題、難民問題、トランプ大統領当選、BREXIT、ポピュリズムとナショナリズム等々である。この結果、コロナウイルスに襲われた時の世界は第二次世界大戦後七十五年続いた「戦後の時代」が正に歴史的な転換を遂げようとしている最中だったのである。そのため、コロナウイルスが世界に及ぼす影響とそれへの対応は否応なしに複雑で難しいものにならざるを得ないだろう。

例えば、グローバリゼーションは国境を低くして、ヒト、モノ、カネ、情報が自由に動けることを目指すものだった。しかし、コロナウイルスはヒトの流れ、ヒトの接触を禁止する。この一八〇度の転換はどう処理されるのか?

また例えば、リーマンショックが世界経済に与えた打撃は、信用の枯渇と需要の崩壊だった。われわれはこの経験から学んで、中央銀行の機能の改善とか、サプライチェーンの見直しとかの努力を進めていたことは間違いない。しかし、コロナウイルスで起こりつつある被害は、その拡がりと奥行きの深さにおいて、文字通り想定外の深刻さである。

考えてみると、二十世紀以来人類が遭遇した災害と云えば戦争、テロ、自然災害、環境破壊と云ったものだろう。今回のコロナウイルスが従来の災害と違うのは、その被害が数字で計れる「規模」の問題だけでなく、これから将来に亘っての人間や社会や国の「性格」を変えてしまうのではないかという不気味さにあるのではないか?

今は未だそれが何時のことか判らないが、この災害が過去の話になった時、振り返って見てわれわれがそれにどう対応したかを検証することは大事である。十七世紀の初め、英国はペストの蔓延でロンドンは都市封鎖の状態だった。その中にあってシェイクスピアはマクベスを書き、リア王を書いた。そしてニュートンは万有引力の法則を発見し、微分積分を発明したのである。日本でも十三世紀初頭は疫病、飢饉が猖獗をきわめ、京都の大路小路には死骸が転がり、加茂川には死体が沢山浮いていた。しかしその中で後鳥羽上皇や藤原定家等は日本固有の文学様式である和歌の金字塔とも云うべき新古今和歌集を完成させていた。「艱難汝を玉にす」と云うが、人間は馬鹿にしてはいけないのである。コロナウイルスと悪戦苦闘しているわれわれは、実はシビアな歴史のテストを受けているのである。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 行天 豊雄(ぎょうてんとよお)
    1931年生まれ。55年東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。プリンストン大学留学。国際通貨基金、アジア開発銀行に出向、国際金融局長、財務官などを歴任。89年退官後、ハーバード大学、プリンストン大学の客員教授を経て、92年から96年まで東京銀行会長。95年12月に国際通貨研究所初代理事長となる。2016年10月より同研究所の名誉顧問に就任。98年には小渕首相の助言役として内閣特別顧問を努めた。著書には「富の興亡-円とドルの歴史」(東洋経済新報社)など。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ