FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第761回 2018年6月14日~20日までの為替見通し

2018年06月14日

今週の想定為替レートは以下の通りです。
●ドル円
上値抵抗111.356
均衡109.770-110.983
下値支持108.556-107.039

●ユーロ円
上値抵抗131.629
均衡129.270-129.944
下値支持127.584-128.933

●豪ドル円
上値抵抗84.640
均衡83.022
下値支持81.809


 歴代大統領がなしえなかった北朝鮮の金正恩氏と会談を果たしたトランプ氏。「いや、歴代大統領は会おうと思ったらいつでも会えたが、あえて会おうとしなかったのだ」との批評もものともせず、「今にわかる」「これから始まる」「まさにこれからだ」とトランプ節で既存のアカデミックな考え方を寄せ付けずに選挙公約の消化にまい進しています。確かに選挙公約の一つに金正恩氏と会うという項目がありましたから、有言実行を果たしたわけです。

 ことの本質はもちろん、トランプ流のディールにほかなりませんが、さらにいえば、本丸は対中戦略とみることもできそうです。
 安倍トランプ、すなわち日米同盟が強固であれば、極東が万全かという視点から見ると、日本、韓国とも民主主義で選挙制度故の不安定さがあり、その都度、権威主義の中国やロシア、北朝鮮への対応に金も労力もかかる。
 ならば中国影響下から北朝鮮を切り離し、ベトナム化(南北統一で共産主義でありながら市場経済ロジックが通じる国)、あるいはシンガポール化(一党独裁下の官僚制度確立国家)に導ければ、防衛費用も別の部分に使えるというのがトランプ氏の考えではないかと思います。
 これをトランプ戦略と呼べば、さらにトランプ氏はドイツ・メルケル氏ともG7での意見の不一致にみられるように対峙しています。
 ユーロ圏の経済がぐらつけば貿易額の大きい習近平氏の一帯一路政策にも影を落としかねず、ロシアの力を削ぐことにもなります。こうしたことを総合的に判断すると、トランプ戦略では中国の減速化、かつ、巨額貿易赤字の解消、さらに北朝鮮に市場経済導入の協力の見返りに安全保障上の費用削減、必要な資金は韓国、日本に拠出させる、ということのようで、実現すれば一粒で何倍もおいしい話になっています。

 トランプ氏が北朝鮮に手を突っ込んでくるなら、ということでしょうか。安倍トランプの関係に何とかひび割れさせようとするかのような流れもあったように思いますが、それも次第に収束傾向。しかし、米中はなお土俵の上でがっぷり四つに組んでいるような状況と言えるでしょう。

 ならば次の展開はどうなるか? 仮に中国が何か対抗策を打ち出すとすれば、日本の資金力を削ぐための景気減速化、例えば観光客の渡航制限や安倍三選阻止などになるでしょうか。あるいはジョージ・ソロス氏が米中間選挙において民主党側に巨額寄付をすると表明したような選挙がらみのことかもしれません。一方トランプ氏は極東防衛を日本に負かせることができるなら、気象から農作物の状況まで見通せる衛星こそ次の注力対象ということで宇宙防衛に乗り出すのではないかと思います。

 経済大国となり人口もアメリカの4倍はいる中国が覇権国家を狙って防衛力強化に打って出れば、そもそも中国の経済大国化を推進したのはアメリカ・クリントン政権である、との認識のアメリカ。いやいや、アメリカは中国の大成長で大儲けし、かつ、ユーロ創設で巨大市場化する欧州に備えて得したはずだとする中国と。ニワトリ、卵論争を彷彿とさせる大国同士のつばぜり合いで日本は打ち出のコズチ役をどうこなしていくのか。大きな潮流の中に今まさにいると感じます。
 が、生活者の資金運用という観点に立ちかえれば、堅実に資金を運用していくことに尽きます。金利の高い、しかも信用力と流通力のある通貨を下がったら買い、上がったら売る淡々としたトレードを踏み外さないことですね。

 
※当コラムは毎週木曜日の更新です(木曜日が祝日の場合は休載となります)。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第761回 2018年6月14日~20日までの為替見通し