FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第848回 2020年3月12日 ~18日までの為替見通し

2020年03月12日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。


●ドル円
上値抵抗106.401
均衡104.016
下値支持99.757
※日柄はわかりません。ちなみに2011年の例では77円台があり、今年から来年にかけ、この水準への挑戦もあり得ると思います。

●ユーロ円
上値抵抗119.243
均衡117.096
下値支持114.711

●豪ドル円
上値抵抗70.038
均衡66.249
下値支持63.219

テクニカル、ファンダメンタル、値ごろ感、経験則などほとんどが無力に感じられる激烈なマーケットの動きが続きます。

市場の極端な動きの背後には当然ながら国際的な動き、各国の思惑、駆け引きがあります。
SNSにはそうした各国の動きについて「トンデモ異論」が飛び交っていますが、その中で「なるほど」と思える意見も見受けられ、トレーディングのためのシナリオメイキングの参考になります。

ある意見では「今回の騒動は練習であり、どこの国がどう対応するかの取材が目的ではないか」というものがありました。なるほど。よくそういう手法が使われるので一考に値します。次に本番が待っていると恐ろしいですが、予行演習だった説にはなるほど、と思いました。

それを企画するのはだれか? どこの国か? と考えさせられますが、同じタイミングでヒントとなるニュースも見つけました。警視庁が捜査し、関係者が3月11日に逮捕された事件です。横浜の機械メーカーが違法と知りながら何度も乾燥噴霧器を輸出していたのです。
いったい何のために感度もそうしたものを輸出するのか? 液体を乾燥させ、噴霧することができる、となれば、今、多くの人が神経質になっている把手がついているタイプのコロナウイルス噴霧に使われたら脅威で、大変な事態となってしまいます。
ただでさえ、把手がついているタイプのウイルスは衣類やカバンなどにくっついて各所に運ばれ、いくら手洗いをしても共用施設のドアノブ、ボタン、手すりなどに付着することが言われています。
そうしたものが意図的に噴霧されたら考えただけでもとんでもない事態を招きます。それが予見されるからこそ国の輸出禁止対象だったのに、なぜ?
大金を積まれての輸出だったのでしょう。そうだとすると経営者は倫理観より利益だったんですね。

この事件の続報を待ちたいものです。

それにしても異常な状況です。日本政府は中小企業やフリーランスにも補助金を出すということですが、仕事の現場がストップすれば消費に甚大な影響が出るほかに政府税収が大減少し、数年後にも悪い円安が始まってしまいます。

2011年東日本大震災後のマーケット展開を参考にすれば、しばらくはしつこい円高が進行する可能性がありますが、その後は一転、円安に変わる可能性を検討しておきたいですね。株価も不安定で、世界のトップの顔ぶれも変わるかもしれません。
複合ショックが続くとマーケットは想像外の価格まで落ちていきます。予断は禁物と心得て証拠金を飛ばさない工夫をして次の新たな動きに乗っいていく準備をしたいものです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第848回 2020年3月12日 ~18日までの為替見通し