FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第856回 2020年5月7日~13日までの為替見通し

2020年05月07日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗107.467
均衡106.041
下値支持104.446-105.034

●ユーロ円
上値抵抗117.132
均衡114.668
下値支持113.523

●豪ドル円
上値抵抗69.403
均衡68.120
下値支持67.122


 新型コロナ肺炎と世界という観点で「どう立ち直っていくのか?」を巡って主要国で競争となっています。
すでに克服した、とのスタンスで経済活動を活発化させている中国。その中国に「賠償金請求」と「感染源を隠した」と迫るアメリカ並びにEU主要国+数か国。何しろ、アメリカの新型コロナ肺炎感染者数は全世界数の34%、死亡者数では29%を占め、いずれも世界一の大惨事になっているので怒り心頭。ベトナム戦争での戦死者47,434人の倍近いアメリカ人が亡くなっているわけで、トランプ大統領がギリアドサイエンシズの治療薬とワクチン開発に前のめりになるのもうなずけるのです。
 感染リスクよりもインバウンド優先か、春節での中国民大移動の渡航者を受け入れ続け、かつ、国内親中派による防護服寄付など、リスク管理や国防意識の不思議さが災いしたのか、わが国はさらなる自粛延長を決め、国民の社会生活までままならず、かつ、倒産ラッシュなど経済大惨事に見舞われています。
感染者、死亡者数は世界的低位なのに、何故、世界有数の経済大国である日本がこの低レベルの感染者数で国民や経済活動まで自粛しているのか、はなはだ疑問ですが、背景には計り知れない利害関係の調整があるのでしょう。
 この最中、盛んにデータ収集と解析をする動きがあることが注目されます。誰がいつ、どういう行動をとったか? どこに出かけ、何をしたか?
 時系列で社会現象としてどういうことが起こったか?  街では何が起こり、どういうものが売れているか? 人はどう過ごしたか? 一連のコストはいくらか?
そうしたデータを集め、分析が盛んです。将来に備えての準備なのでしょうか? 

新型コロナを一般的なインフルエンザのように「そこにある普通のリスク」程度に人々が受け入れ可能になるまでにどれだけの期間を要するのか? 平時にそうしたシュミレーションをしておくべきところ、まさに今の今、実証実験中?

さて、経済活動再開に欠かせない治療薬候補にギリヤドのレムデシビル以外にもさまざま出てきており、予防薬であるワクチン開発も盛んで次に流行が懸念される秋口~冬場には間に合ってもらいたいですね。
米大統領選挙前後に完成するらしいワクチンなどによって人類は新型コロナを克服できるのか?
中国損害賠償金の請求にどう対処するのか?
今後の世界はどうなっていくのか?

ドイツの成長がもたらしたパワーバランス変調から引き起こされた第一次世界大戦、その際の巨額戦争賠償金への不満から第二次世界大戦に至った過去の大惨事を今まさに新型コロナで踏襲しようとしているかのようなデジャブ感を感じずにいられません。
 自粛明け後に、世界はなお一層、一筋縄ではいかない大きな争点を抱えて変調していくとみたほうがいいように思います。
その足音を聞き分けるすべとしてドル円チャートが「このままでは済まない」ような足取りに見え、 3月6日101円257が一番底であったことを確認するような、ドル円二番底探しの気配に用心したいと思っているところです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第856回 2020年5月7日~13日までの為替見通し