FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第857回 2020年5月14日~20日までの為替見通し

2020年05月14日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗 109.717-108.441(踏み上げ意識)
上値抵抗 107.702
均衡107.082-106.230
下値支持105.890

●ユーロ円
上値抵抗118.223-117.096
均衡115.527
下値支持114.711-113.995

●豪ドル円
上値抵抗71.553-70.795
上値抵抗69.447-68.143
均衡67.977-66.137
下値支持65.026-64.326

新型コロナが金融商品の価格に対する変数となっているため、自粛解除があるかどうかに注目が集まっています。自粛解除であれば経済好転、なおも自粛なら恐慌意識ということから、当然のことだと思います。
ところで、交通事故や従来のインフルエンザと比較して、新型コロナは特にわが国ではごくわずかな罹患者数であるにもかかわらず、ここまで経済を壊滅的につぶし、人の社会性を奪う措置をとることに整合性が問われます。

ここまでやることが果たしてリスクに見合った施策なのか、疑問に思う人は一定数いて、「いつまでもこんな施策に付き合ってはいられない」と経営危機に立ち向かう行動がみられます。
日本とは比較にならない感染者数と死亡者数となっているトランプ大統領は出自が経営者であるが故か考え方は後者です。一刻も経済優先の施策を打ち出したいところ、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長が首を縦に振らず、相変わらずの慎重論を表明し、アメリカ経済の足を引っ張っているような構図となっています。業を煮やした保守系議員らからは「フアウチ氏を首にしたらどうか」という強い意見がでているそうです。

「命のリスクか経済のリスクか」という点でフアウチ氏は命。トランプ大統領は経済というわけですが、リーダーのみならず、一人一人が問われているところといえるでしょう。
日本では花王などが取り組む副作用が少ないDNA型抗体ワクチンが普及すれば状況は相当改善すると思いますが、まだまだ現場レベルでは菌を持っているのに発症しない人が一定数いるとのまことしやかな考え方から、目に見えない恐怖を意識した行動制限が続いています。
ところで、新型コロナが人工的なもの、との立場で「誰が何の目的で」という理由探しをする動きや初動の対応に共感できないとして特定国や特定リーダーを非難する動きもあります。
この点で私が注目しているのは、すでに1月27日のダボス会議でアフターコロナの世界を想定したコンセプトが示されていたことです。
あらかじめこうした事態を知りえる限られた経済人がいたことは「誰が何の目的で?」という点を考えるうえで特筆すべきことだと思います。

新型コロナは中国が諸悪の根源という論調に対しては、不思議な話も聞こえてきます。
北京駐在の医学関係者の話ですが北京では新型コロナの前にペスト感染騒ぎもあったし、別の伝染病騒動もあったというのです。
何か、見えてくるものがあるような気がします。

さて、今後の見通しです。
当面は各国各都市の新型コロナからの出口戦略に耳目があつまりがちですが、日欧米のサプライチェーン見直しの究極の目的である中国との関係性とその中国の尖閣やハワイにおける軍事的行動に目を光らせるアメリカの動きも気にしておきたいと思います。思いがけず現場で何かあれば、新型以上の変動を市場にもたらせることになります。

為替トレンドはドル安ではあるものの、6月12日のSQ、外資決算月なども加味して、踏みあげられるリスクも意識しながら、慎重に勝てるレンジを探りたいですね。変事に備えた意識もしつつ、大きな痛手を避けるには短期・小幅でのレンジ設定でしのぐのが賢明ではないかと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第857回 2020年5月14日~20日までの為替見通し