FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第860回 2020年6月4日~6月10日までの為替見通し

2020年06月04日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。 

●ドル円
上値抵抗110.666-110.254
均衡109.467-108.777
下値支持108,104-107.971

●ユーロ円
上値抵抗123.174
均衡120.887
下値支持119.672

●豪ドル円
上値抵抗76.306
均衡75.051
下値支持73.454

 香港デモ、アメリカでの警察官黒人逮捕の不祥事デモなど懸念材料として大きな火種となってもおかしくない中、米ドル、各国の株式市場の堅調な展開が続いています。

 そんな中、アフターコロナ、ウイズコロナなど「コロナ」で語られるメディア・ニュースが多くなっていますが、よくよく考えると不思議なことばかり。
 この暑いさなか、何故、風渡る道を歩く時まで、多くの人が律義にマスクを着用しているのか? 熱中症になるリスクのほうが高いかもしれないのに、マスクをしている人がいまだ圧倒的に多いですね。
 マスク着用には異論もあって、必ずしも感染予防に有効という意見ばかりではないのですが、どうも人々の脳裏には空気中をたんぽぽの種子のようなばい菌がふわふわ舞っているイメージがあるのかマスク神話を信じ切っている人が多いように見受けられます。
 マスクをしないで取材をしたジャーナリストは手袋をし、その手で顔を触らなかった結果、罹患しなかったという例も見聞します。
 社会的距離をとれ、透明シート越しに受渡を、手の消毒をと事細かに人々に生活様式を指示している大元は「政府専門家会議」の有識者。ところが日本政府はその会議の議事録を捨ててしまったそうで、今、それが問題になっています。
 そうこうしているうちに「コロナ」は便利なイメージ言語になり、なんでも「コロナ」に紐付けられるようになっています。
 命に係わる恐ろしい病気、と聞けば身も凍り、ほかのことは考えられない状態になってしまうのも否めません。それを利用したのか、国会ではこれまで何度も廃案になってきたスーパーシティ法案を可決してしまいました。
 2013年からたびたび開催されてきた審議会では会議出席者がドバイやシンガポールなどを視察し、日本もそうした方向に国つくりの舵取りすべしとの答申です。

 ただ、ビックデータ収集など個人の理解、共感を得られない事柄も多く、個人情報をデータ化され利用される懸念などにはそれなりの反対もあり、審議会でも住民の懸念を指摘する意見も出ていましたが、結局のところ座長に一任の形をとっています。

 座長はダボス会議のボードメンバーであることからダボス会議と連携していく形でスーパーシティの進行を企画してきた経緯があります。

 今回のコロナ騒ぎの陰で法律化のプロセスについての十分な審議もなく、スーパーシティ法を可決し、ビックデータやAIを駆使した都市作りを進行し、テレワークやデジタルマネーを通じて監視社会的な面も持つスーパーシティを構築していくことについて国民には不明な点も多く、今後、弊害も浮上してくる可能性があります。
 為替動向の先行きにも何らかの影響が及ぶのではないでしょうか。

ただし、株式市場には恰好の材料提供で、すでに多くの銘柄が上昇しています。
 アフターコロナはスーパーシティという具合に既成事実化し、その一連でデジタル通貨も始まるようなこの流れ。どこかに大きな落とし穴があるような気がするのですが、杞憂でしょうか。

さて、周期的要因もあり110-109円台も視野に入ってきたドル円。一因には「コロナ」騒ぎで過剰な悲観に対する修正もあるようです。外資決算月であり、SQ前でもあるのでポジジョントークや「お化粧」価格も示現しやすい時ですね。堅実なレンジでトレードしたいものです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第860回 2020年6月4日~6月10日までの為替見通し