FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第863回 2020年6月25日~7月1日までの為替見通し

2020年06月25日

●ドル円
上値抵抗108.047
均衡107.803-107.048
下値支持106.103

●ユーロ円
上値抵抗122.132
均衡121.150
下値支持120.029

●豪ドル円
上値抵抗74.130
均衡73.630
下値支持72.880


「ボルトン本」や黒人問題での全米デモ、コロナ感染恐怖など、トランプ大統領への逆風が続いています。その影響からか、最新の世論調査では大統領選挙において民主党候補のバイデン氏と共和党現職大統領のトランプ氏支持率は、50%VS 36%でバイデン氏リードと報道されています。
 バイデン氏サイドはすでに政権移行チームを組成し、選挙後、スムースに引継ぎができるように整えているとか。

 日本ではこれまでの新型コロナ感染症に指針を示してきた「専門家会議」を解散し、新たな諮問会議を設けると発表。7月から新体制で感染第二波に備えるほか、アフターコロナの新しい働き方、生活様式を進めていくようです。災害時に備えることも言われ始めています。

 ところで、偶然のたまものか、かつてアメリカ民主党から大統領が出たときはわが国では1995年阪神淡路大震災(クリントン政権)、2011年東日本大震災(オバマ政権)に見舞われました。
 「二度あることは三度ある」の不吉な偶然が起こらないようにと願いたいもの。

 今後のアメリカ大統領選挙の結果いかんで国内外の情勢は大きく変化します。
 トランプ大統領の4年は「無戦争」「中国勢にいわば乗っ取られた格好の国連組織からアメリカ主導を取り戻す」「知財、製造面でもアメリカの権益を守る」というものでした。
 前半はそれがうまく回ったものの、後4年もこうした状態だけが続くと干上がる人たちが出てくるのでしょう。中国にモノをかわせるだけでは経済は回っていきません。

 そういうとき、これまでの経済社会の偶然の必然、つまり「見えざる手」に例えられる欲望資本主義が「変化」を求めて政治経済に新たな風を起こしてきました。今回もそうなる可能性が出てきたかもしれません。

 「無戦争」「アメリカ第一主義」、そして中国による知財盗用阻止で動いてきたトランプ政権。
それでは持たない強欲資本主義は次は担ぎやすいバイデン氏を据えて、大きな商機を獲得すべく、変化を利益につなげていこうとしているのかもしれません。
 新型コロナはその装置としてはうまく機能したように感じられます。
 人はみな、生命にかかわる病原菌には弱いものです。
 命を人質に取られたも同然の新型コロナ騒動は人々の生活様式を「アフターコロナ」「ウイズコロナ」など耳ざわりのいい言葉に乗せてWed会議や遠隔操作で稼働可能な工場、都心部の不動産流動化を受け入れさせていく可能性があります。

 しかし、エコノミスト、アナリストからは「民主党バイデン氏が米国新大統領になった場合、新たな規制などが生まれる可能性があり、それを市場は織り込んでいない」と指摘する声があります。すなわち株式、為替の大変動を予感している声があるのです。
 それも「変化こそチャンス」と考える「見えざる手」の偶然の必然なのかもしれません。
 為替も大統領選挙の行方次第で変化する可能性を今から注意深く観察し研究しておく必要がありますね。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第863回 2020年6月25日~7月1日までの為替見通し