FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第864回 2020年7月2日~7月8日までの為替見通し

2020年07月02日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗108.391
均衡107.277-107.692
下値支持106.922-105.943

●ドル円
上値抵抗122.055
均衡120.951
下値支持119.908


●ドル円
上値抵抗75.113
均衡74.051
下値支持73.362


新型コロナ感染症の影響による国内外で倒産が増加しています。米国ではデパート、小売業、シェールガス会社など。
日本ではホテル、旅館、飲食店、旅行代理店などです。
各国政府が渡航や移動制限を続け、日本ではとりわけ五輪が予定されていたのでインバウンドに依拠した業種に勢いがあっただけに大きなダメージを受けてしまいました。
しかし、先進国の経済指標を見てみると、企業の景況感指数や米新規住宅販売件数など思ったほど悪くないものもあります。
悪いものと堅調なものが混在しているのが現状ですね。
新型コロナが新たな需要を生んでその恩恵を受けた事業は好調という点に注目ですね。

さて、経済の流れを振り返ってみると、この数年、原油価格の低迷でエネルギー関連は国であれ、企業体であれ、相当、力をそがれました。
今までなら、こういう時は中東を刺激して、紛争によっていわゆる戦争経済で景気を浮揚させようという動きがみられました。
例にアメリカ・共和党・ジョージ・W・ブッシュ大統領の施策があります。就任早々、始めたイラク戦争がまさにそうでした。
その後、リーマンショックが起こり、嫌共和党が民主党バラク・オバマ氏を選びました。
オバマ氏は「戦略的忍耐」で中国の成長をアメリカの果実とすることをよしとしてきた人です。
そして、この時の副大統領バイデン氏が今年の大統領選挙に民主党・代表として共和党・現職大統領のトランプ氏に挑むわけです。

バイデン氏が副大統領候補に誰を指名するかはわかりませんが、オバマ大統領夫人のミシェルさんのような人を指名すれば、折からの黒人の人権擁護運動の流れもあり、トランプ氏に圧勝する可能性が高いと思います。

では、バイデン氏は石油周辺問題でなく、そのための仕掛けである中東緊張でなく、何をもってしてアメリカの景気を数年間、浮揚させるつもりなのか?

新型コロナに背中を押される形で進行している革新的システム・インテグレーション(情報技術)をアメリカ主導で世界に普及させること。
それしかありません。

トランプ政権はその分野で先行する中国の力を抑える使命を担った存在であり、その役割は十分に果たされたことから、次は民主党・クリントン政権時代に花開いた全米ネットワーク構想に匹敵するバイデン政権で米主導のシステム・インテグレーションで景気を浮揚していこうというアイデアを温めているスポンサーの存在があるのでしょう。

デジタル化を普及させることは地球環境に配慮したエコ推進派という名を借りた排出権ビジネスもやりやすいし、その文脈に電気自動車や空間電送システム(いちいち充電器に接続しなくてもチャージ可能にする技術)もつなげられます。

そうしたビジネス構想を持つスポンサーにとって民主党バイデン氏を担いだ方がやりやすいのでしょう。

もし、こうした推論通りに事が運べば為替や株価位置も変わってくるはずです。
米大統領選挙まではまだ月日が残されており、必ずしもトランプ氏の再選がないとは言えませんが゛、今年後半の為替水準について「米民主党大統領の政権前期はドル安円高」というフレームを意識しておく必要があるように思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第864回 2020年7月2日~7月8日までの為替見通し