FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第887回 2020年12月17日~23日の為替見通し

2020年12月17日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●米ドル円
上値抵抗105.420
均衡103.943-104.950
下値支持102.734-101.056(中期的にドル安円高傾向が続くとています)

●ユーロ円
上値抵抗128.235-128.980
均衡127.868-125.109
下値支持123.421

●豪ドル円
上値抵抗81.984-79.386
均衡78.340-76.628
下値支持75.981-75.504

12月14日のアメリカの選挙人選挙でバイデン氏が次期大統領にえらばれたと伝えられますが、7つの州が11月3日の選挙結果による選挙人ではなく独自の選挙人を選び、トランプ氏への投票をしたといわれます。
そうしたところでバイデン氏の勝利は変わらないという説と1月6日にその選挙結果を見てみないと「バイデン確報ではない」とする意見、確報を否認することも可能性としてあるとの各説が伝えられています。
なおも次期大統領就任式までの不確実性があり、マネーマーケットに影響するとみておく方がいいのかもしれません。

また、バイデン氏が就任式を迎えられたとしても、トランプ氏は就任式には出ず、フロリダに移動し、同日、2024年の大統領選挙への出馬を表明するという話もあります。

バイデン氏の前途には、このほど主要メディアの俎上に載せられ始めた子息ハンター・バイデン氏の不正に親子ともども、かかわっていたのではないかとの疑惑を伴い、前途多難な船出となりそうです。
そんな最中、「実は自分は大統領就任後、2年で病気で政権を副大統領に譲ることになっている」とポロリと話してしまったという話も伝えられます。

穏健リベラリストとして大統領選挙を戦い、勝利したら役割は済んだのだ、といわんばかりの話に聞こえ、アメリカのこの先には何やら、私たちが驚かされるような展開がありそうな気がしてなりません。

「ホントの敵はロシア」とのプロパガンダも言われ始めているそうで、それが仮にこれまでトランプ氏に制裁され続けてきた中国の知恵なのだとすれば、数年後の覇権国家は知略にとんだ中国がなる可能性もありそうです。

そうなると米ドル、ユーロ、豪ドルの水準は大きく変化しそうですね。米中関係とアメリカ大統領周辺の報道にはよく、耳をそばだてていたいと思います。

バイデン氏のアメリカが始まると、アメリカの力は弱まるのか?
あるいは、中国とのビジネスで共存共栄が図られ、経済的にトランプ時代より向上するのか?

まだまだ、見通しのつきにくさが付きまといます。
目下のところ、ドル円はひっそりと103円台に移動。

チャートトレンドを見る限り、私には中長期的に100円前後を目指す足取りに見えます。それがゆっくりしたトレンドなのか、急激なものかはまだわかりませんが、来年1月6日開催のアメリカ議会で何かがきっかけとなって急激にドル安円高に引っ張られる可能性も考慮し、休みの時を狙って仕掛けてくる投機家の動きともども、注意しておくに越したことはありませんね。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会