FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第355回 ~10月は米景気後退感に注目~

2019年10月02日

 9月に発表になった米国経済指標についての評価を見直す必要がある。これが今月の焦点である。その理由は、昨日発表になった、10年ぶりの低水準となったISM製造業景況感指数である。そして8月円高、9月円安に次いで10月は円高の月間になると予想している。

9月前半は、予想以下の雇用統計からリセッションへの懸念が広がったが、FRBが政策金利を引き下げたもののこれは予想通りであり、加えて声明やドットチャート等から、総じてタカ派的は決定であったことから、材料出尽くし感から、金利が下がってもドルは上昇に転じた。その上、中旬から下旬にかけて、年率4.1%と大幅増加の小売売上高や回復基調の住宅市況など景気の上向きを示す材料が出て、ドル高をサポート、ドルインデックスも99.667と2017年5月以来の高水準を付けた。

ドル円相場でみると、9月は、8月にトランプ大統領の対中貿易追加関税の発表が大幅なリスクオフ相場を生んだことに対する反動で、対中摩擦の緩和を材料に一気にリスクオンとなった。8月円高、9月円安は昨年まで2年続けて起こったパターンだったが、今年も同じパターンを踏襲することになった。

それが、ISMの発表で一転してドル安に転じた。なんと10年ぶりの低水準!大方は50以上の回復を予想していたにも関わらず、無残にも期待をくじかれ、ミニクラッシュのような相場になった。暴落ではないが、今後のドル下落を示唆する動きの始まりになると予想している。

その第一の理由は、これから発表する経済指標は、弱い数字が続くとの見方である。明日10/3にはISM非製造業指数がある。製造業景況感の急落は米中通商摩擦が製造業に大きなダメージを与えていることが明らかになったことだが、それが製造業にとどまらない可能性がある。その意味で非製造業景況感は注目に値する。先月は前月比プラスで56.4だったが、今月予想は55.0が米国市場のコンセンサス。好況/不況の分岐点である50よりは余裕を持った数字だが、前月より低下するとの見方だ。

そして、10/4には注目の雇用統計と、貿易収支が発表になる。両者とも前月とほぼ同じ(貿易収支は、前月540億ドルの赤字、非農業部門雇用者数は前月13万人、失業率3.7%)との予想が出ている。少しでも前月より低下すれば、そのインパクトは大きい。

ドル安の第二の理由は、トランプ大統領自身の弾劾問題の拡大がある。そしてドルインデックスが100に近いことで、ドル高牽制の発言予想である。今月には、米国の為替報告の発表が予想される。第三の理由が、政策金利のもう一段の引き下げ予想である。10月のFOMCは10/29-30に開催される。景気後退により、再緩和は世界的は基調であり、米国も例外ではない。

そこで、10月月間予想は、まずドル円は106円~108.50円である。すでに10/1に108.47円まで上昇したが、これが今月の高値になるかもしれない。今後は、徐々にドル安/円高で推移すると予想している。

さて、今後1週間の予想は、ドル円は、106.80~108.00円。またユーロは節目の1.09割れを実現したことで、下値が柔らかくなり、1.0850~1.0980、対円では116.50~118.50円と考えている。また英ポンド/ドルは合意なき離脱の確率が高まり、1.1950-1.2300と予想している。
(2019/10/2, 小池正一郎)


※当コラムは毎週水曜日の更新です(水曜日が祝日の場合は休載となります)。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第355回 ~10月は米景気後退感に注目~