FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第376回 ~荒い値動きの中で虫の目を読む~

2020年03月11日

怒涛のような値動きは4週目に入った。ドル円は、2/20に112.23円の高値を付けてから、3/9の101.18円の安値まで、約3週間で約9.8%の急落となった。今日までの1週間の値幅は6円50銭あまり、6%の円高で、101円台は3年4か月ぶりだ。安値を107円とした先週の相場予想はいったい何だったのか、と思わせるほどの激変だ。

しかし、トランプ大統領の給与税減税を含む、コロナ対策としての財政発動検討との報で、大統領就任前のトランプラリー(2016/11)再燃を想定したドル買いで方向は逆転、ドル円は105円台まで上昇、現在も105円ばさみとなっている。

今回のリスクオフ相場のきっかけは、新型コロナウイルスの拡大を受けたものだが、被害がアジアから欧米に広がり、その上、出口が見えないことで、急速に現金化の動きが高まった。このような荒っぽい値動きがどこまで続かかであるが、筆者はもう一段の乱高下があると考えている。その理由は、欧米の被害拡大はこれから表面化し、また企業業績の悪化、世界経済の大幅後退への懸念の高まりが今後明白になると予想し、その時期はセルインメイの5月とみている。

ところで、今回のような常識を覆すような値動きは、為替相場だけではない。今回の下げ相場に輪をかけた原油相場は、1週間前の48.4ドルから27.35ドル(3/9)まで43%余りも暴落した。ロシアの協力姿勢がなくなったことでOPECの崩壊とも言われ、原油価格はもはや地図のない海路(uncharted territory)にさまよい始めた、との見方だ。

そこで、サウジを始め産油国が、資金繰りのために保有株の大量を売ったとの観測も株の暴落を招いた。合わせて原油価格の暴落は、資源国通貨の下落も招いた。豪ドルは0.6292まで低下、これは2009年3月以来11年ぶりの安さだ。カナダドルも1.3796まで売られ、2016年2月以来の安値を付けた。

また、リスクオフ商品として買われた米国債は10年利回りは、1週間前は、1%割れで騒いだが、あっという間に0.5%も割り、3/9には0.392%まで低下した。この低下を受けて市場では、次回のFOMC(3/17-18)では、もう一段の利下げは間違いなし、と市場に織り込み始めた。

ところで、虫の目で、今回のドル円の相場展開を見ると、2/8ルールが実によく機能しているとわかる。すなわち、20銭と80銭が節目になって、相場が変動していることである(実際はその前後5銭が折り返し点になっていることが多い)。例えば、わかりやすく言えば、ドルが105円台から売られるとき、104.80円前後で一回止まるが、104.75銭が割れると、104.20銭まで続落する。そこで一回止まるが、104.15円を割ると103.80円が次の下値の目標となる。しかし割らなければ反転し、104.80円を目指して上昇する、という仕組み(値動き)である。

今回の安値、101.18円もこのルールで考えるとわかりやすい。この値動きの背景は人間の心理に基づいたものと言えるが、このような節目を意識して相場を見ていくと一つのディーリング戦略も作れるのではないだろうか。

今後1週間は、ドル円は、103.50~106.00円。またユーロは、対ドルでは、1.1150~1.1400、対円では先週と同じ118.50~120.50円、英ポンド/ドルは、1.2750-1.3050と予想している。

(2020/3/11, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第376回 ~荒い値動きの中で虫の目を読む~