FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第388回 ~ドル相場3本の矢~

2020年06月17日

相変わらずリスクオフ/オンの区分けで相場が動いている。ただ過去1週間の振幅は久しぶりに小さく、ほぼ107円±50銭に収まっている。今年に入っても107円の壁は固く、月中は10円以上動いても(3月)、ずっと月末には107円台で終わっている。これは何かある。相場の方向性を決める材料がない、のでなく、この動かないのが材料だ、と考えた。

さて、各月の月末NY市場終値は、1月は108.30円だったが、2月以降は順に、107.98円、107.51円、107.28円、107.75円であった。また、始まり値も3月以降は、107.30円、107.51円、107.28円であり6月も107.75円で始まっている。月間ベースでは、ひげの長い、行って来いの相場展開が続いている。それだけドルも円も売買を決める要因に決め手がなく、その時々の材料を使い、非常に短期的にポジションを整理していることになる。しかしこの方法は決して悪いわけでなく、利食い千人力と言うように、相場のクセをうまく活用するという意味で、とてもうまいやり方だと考えている。

毎週、1週間の相場レンジ予想を出しているが、今日までの1週間の結果を見て、相場が見える何かを、つかんだような気がしてきた。その本髄は「最大公約数を見つけること」。と言っても参加者すべてにヒアリングするわけでもないし、時々刻々変化する相場をすべて読み取ることでもない。それはどちらも不可能だ。そこで、ひらめいたのは、「三本の矢」を特定し「三次方程式となる算式」である。

ところで、競争の激しい相場の世界に生き残るためには、「知っていることは誰にも言うな」との言葉がある。筆者がニューヨーク勤務時代に、天才ディーラーと言われた友人から教えられたものだ。「知っていること」=「人から教えられたこと」になるが、友人から沢山教えてもらった。常にその言葉を思い描きながら相場を読んでいるが、今日のテーマは、その中から自分でアレンジした相場の読み方である。

まず最初に今日までの1週間の実際のレンジと先週コラムで出した予想数字との比較をしてみる。ユーロドル、ポンドドルは、ほとんど一致と言ってよい。ただ、本命のドル円は、下値はほぼピッタリだったが、上値(円安水準)が予想した108.50円には届かなかった。大いに不満の残るところだ。そこでその理由を考えた結果、出てきた答えが、「市場参加者が相場予想でフォローする3本の矢」であり、「それぞれの具体的な指標により成立する3次方程式を解くこと」であった。

市場には、ビッグデータによるアルゴリズムがあり、複雑な計算をコンピューターにより、瞬時に売り買いのタイミングをはじき出すツールがある。ただ、誰もが、その方法を使うわけにはいかない。筆者が考えたのは、その簡便法ともいえるものかもしれない。そしてここまで読んで、「なんだ! 自分もやっている。特に新しいことではない」とおしかりを受けそうだ。しかし、方向性を見つけ出すことが難しい今だからこそ、有効なツールになるのではないかと考え、あえて挑戦した。

ちなみに、今日現在の三本の矢は、誰もが知っている「トランプ」「GDP」「FRB」である。ポイントはここから方程式をつくるわけだが、細かい算式は、来週以降おいおいと明らかにしつつ、精度を磨いていきたい。

さて、今回の1週間予想は、ドル円は107円中心からの移動が見える週となり、106.80~108.80円と読んだ。またユーロは、対ドルでは前回と同じ1.1200~1.1400、対円では120.50~122.50円と予想、また英ポンド/ドルでは、1.2450-1.2750と予想している。

(2020/6/17, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第388回 ~ドル相場3本の矢~