FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第403回 ~勝者は司会者、敗者は米国民 ~

2020年09月30日

「ケイアス!(無秩序)。まれにみるお粗末な討論会」
「敗者は国民、勝者は司会者」

今日の米大統領候補討論会の米メディアの総括である。終了直後の市場の反応は、株価下落、ドル安となった、ただ為替では、ドル高に転じ、ドルインデックスでは93.80から徐々に上昇、現在(17:30)は94ばさみとなっている。一方ドル円はバイデン優勢との報で、増税懸念から株価は下落、小幅ドル安となったが、午後には反転、105.60台となっている。

終了と同時に、支持率調査が行われた。CNNの調べでは、バイデン勝利が60%、トランプ勝利が28%と出た。明日になれば、多くの調査が明らかになるが、相対的には、事前の下馬評と比較すると、バイデン氏がトランプの挑発にのらず、またオバマ政権時に副大統領であった経験の裏付けから、落ち着いた対応であり、懸念された認知症懸念も払しょくされたことが、この評価の要因と思われたる。

今日の討論会を聞いた筆者の感想は以下の通りだった。トランプ大統領は、エネルジックな話しぶりで現職の実績を各論で強調したが、独善的、独りよがり、ルール無視で、焦りも感じられた。一方、バイデン候補は、冷静で、視聴者意識の話し方は好感持てたが、総論の抽象的な説明で迫力なし。しかし、期待が低かったことを考えれば、失点がなかったことで安心感が出た、といえる。ただ、まだ戦いは始まったばかりで、郵便投票への対応も長引きそうであり、投票日の11月3日には結果が判明しない可能性も高い。市場でもどちらかに方向性を打ち出すのは時期尚早と思われる。

その中で、注目の高い大統領選挙予想に出会った。それは、1984年から勝者をぴたりと当てている歴史学者のアラン・リッチマン(Alan Lichtman)教授の予想である。2020年はトランプは敗北と予想した。同教授の判断基準は、TrueかFalse(イエス/ノー)で判断する「13のカギ(13 keys to The White House )」という。まとめて言えば、「短期的/長期的経済成長の有無」「社会不安の有無」「スキャンダルの有無」「外交/軍事の失敗や成功の有無」「カリスマ的要素の有無」「現職」「中間選挙の結果」などである。13項目のうち5つ以上にノーがあると現職が敗れるというが、トランプ大統領は、現職敗北のケースに該当するとの判断だ。

今後、10月15日に第2回目、22日に第3回目が大統領候補同士の討論会が行われるが、これ以上に注目されるのが、来週実行される副大統領候補の討論会だ。10月7日に同時刻にユタ州ソルトレークシティで開催される。民主党ハリス候補ははもと検察官であり、性格的に大統領候補の討論とは逆の立場になるとみられ、またハリス氏は、バイデン候補が高年齢であり、非常時に大統領職を承継することになることから、大統領としての資格、素養があるかどうかも試される。

ところで、経済的には、今週末10/2に雇用統計が発表になる。市場予想は、非農業部門雇用者数は100万人増(前月実績137.1万人増)、失業率は、7.9%(前月8.4%)である。また、10月1日には日銀短観の発表が予定されている。そこで、今後1週間の予想レンジは、ドル円は先週より若干の円弱含みの104.80~106.50円。またユーロは1.1600~1.1800、対円では前週より円安の122.50~124.50円。英ポンド/ドルについては、先週と同様の1.2650-1.2950と予想する。
(2020/9/30, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第403回 ~勝者は司会者、敗者は米国民 ~