FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第458回 ~パウエル 2.0~

2021年11月24日

今日は115.24円までドルは上昇、2017年3月以来のドル高となった。1週間前(11/16)に114.97円を付けて以来、破れなかった115円の壁を昨日4回目の挑戦で突破、相場は新しいレンジの足場を本格的に模索始めた。

きっかけは、バイデン大統領が、来年2月4日に任期が来るパウエル議長の後任に同氏の再任を指名したことであった。事前には、現在理事のブレイナード氏も候補と考えられ注目度が高まっていたうえ、バイデン氏が感謝祭(11月25日)前に決めると言明していたので、結果によっては相場に影響が出ると、金融市場ではその発表を待ち構えていた。

結果は、パウエル氏の再任。ブレイナード氏の場合は、同氏が筋金入りのハト派であることから、引き締め(テーパリングのペース、利上げのタイミング)が後ずれ、ドル相場や金利は軟化するとみられていたので、市場はパウエル氏の政策が裏付けられたとして、ドル金利が上昇、つれてドル高の流れが一気に動き出した。米10年債利回りは、11/23日(終値)には1.676%と、先週末0.1%近くも上昇、特に金利差拡大が顕著なドル円が先に上昇、難なく115円を突破した。

パウエル氏が指名されたことによって、今月から始まったテーパリングが着実に実行され、政策金利も来年には2回の利上げの確率が高まったとの判断だが、今後、上院での承認を経て正式に決定する。現在上院の議席は50対50だが、民主党内での反対(ウォーレン議員に加え昨日2名の反対表明があった)があっても、共和党議員の多くは賛成を投じるとの見通しがあり、承認されるのは間違いないはずだ。

これで、パウエル氏は、4年間の任期で、パンデミック対応で導入した異常事態の正常化(ゼロ金利と超大型資金供給の緊急措置からの脱却)にまい進するすることができる。最初の政策発表は来月の金融政策決定会合(連邦公開市場委員会、FOMC、12月14-15日)で明らかになる。そのポイントは二つ、テーパリングについて、2022年1月からの減額規模の変更の有無と、利上げの時期と回数である。

テーパリングは既報の通り、昨年3月から行っている市場への資金供給(毎月1,200億ドルー国債800億ドル、住宅債券400億ドルーの債券購入)を徐々に減額することだが、11月には、12月までの2か月間だけ、月150億ドルづつ減額することを決めている。この金額を維持していけば、来年6月には増加分がゼロになるが、インフレが進行していることを背景に、この減額ペースを加速させる可能性がある。

もう一点は、利上げ時期と回数である。9月のドットチャートで、2022年には、2回の利上げが見通されている。減額ペースの前倒しとセットになる考え方だが、早ければ2022年6月の政策金利引き上げの可能性も出てきた。ちなみに、先物市場(シカゴマーカンタイル市場、CMEのフェドウォッチ)から判断される引き上げ確率は1週間前より上昇している。2022年6月(15日)については、現状(0-0.25%)維持が低下(11/17の34%から11/23には26.5%に低下、以下同じ)、一方で1回引き上げが46%と変わりがないが、2回引き上げ予想が17%→23%に上昇。また9月FOMCについては、現状維持と一回引き上げの合計が、44%→37%に低下、2回以上の引き上げが56%→62%の上昇となっているが、この割合の差は徐々に拡大している。

この2点とも、12月のFOMCには、ある意味今年度最大の注目点になると思われる。それに向けて、ドル円は底堅く推移していくと予想している。さて、今後1週間の相場見通しは、ドル円は114.30~115.80円と予想。一方ユーロは、対ドルで1.1150~1.1350、また対円では128.50~130.50円とユーロ安を予想。英ポンドは 1.3250~1.3450とポンド安を予想する。

(2021/11/24, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会