FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第490回 ~140円の分かれ道~

2022年07月27日

日米欧の金融政策決定会合は、今月から後半戦に入る。既に欧州中央銀行(ECB)と日銀(BOJ)は先週終わり、米連邦準備制度理事会(FRB)の決定会合(連邦公開市場委員会、FOMC)の結果が、今日発表になる。これまでも世界の金融界を牽引しているこの3行の動向は、毎回市場を揺るがしているが、今回はこれまでと趣が異なってきている。

まずFOMCの予想であるが、利上げ幅のコンセンサスは0.75%。パウエル議長はじめ、FRB理事、地区連銀総裁の発言からは、「まずインフレ退治を優先する。インフレ率との差を縮小することが責務であり、景気後退を恐れることなく利上げを続行する」との覚悟が感じられ、先月に続き同じ幅の利上げは間違いないであろう。

これまでCPI発表時は1.00%の大幅な利上げ見通しも出た一方、住宅やPMI(景況感指数)などの経済指標悪化から、今回は0.50%に縮小する可能性もある、と予想は振れたが、シカゴ先物市場で計算されたFEDウォッチの確率が一番高く、これまでのFRBの姿勢からも、0.75%が順当なところだと考えている。

とすれば米ドル金利は足元では上昇するが、しかし注目はイールドカーブの形状である。既に、6か月物から10年債利回りより高い逆イールドになっており、この金利差がさらに拡大するようであれば、ドルの下落も考えておかなければならない。為替市場は、足元でなく、将来の見通しにより強く反応する傾向があるからだ。

わかりきったことより、将来の要因を売り買いする。米国の景気後退が強まれば、FRBは利上げを縮小せざるを得ない、米国の金利は頭打ちになる。一方で、日本はこれから物価が上昇し、日銀も利上げせざるを得なくなる、とすれば日米金利差は縮小する。140円は夢のまた夢かも知れない。今のうちにドルを売っておこう、といった心理が強くなる可能性がある、となる。頭に入れておきたい。

ところで、趣が異なってきた点だが、市場心理に変化が出てきたとの意味である。分かりやすく登山に喩えれば、これまで頂上は何処かと探しながら登っていたが、これからは頂上が見えたので、下り坂に向かっているとの心理になったことである。但しその下りはだらだらな道なのか、急激に下がるのか、分からない。そこを判断するのが、「ファンダメンタルズ(基礎的経済条件)要因、すなわち景気後退の深度」である。

具体的に言えば、相場の変動要因=これはあくまでも二国間の金利差と考えている=が、「足元の変更より、将来の見通しの読み」に変わった、と言うことである。その大きな例がBOJの決定後に起こった相場展開であった。今回もきれいに前回同様の現状維持決定であった。欧米が利上げすることがほぼ確実であったことを考えると、金利差が拡大することは容易に判断できた。しかしドル円は、全く逆の展開となった。当日21日には、137円まで1.50円以上売られた。そして翌22日には135.56円までドルは売られ、7月8日以来の円高水準となった。

一方ECBについては、確かに発表直後は、90ポイント近く上昇(1.0190→1.0277)したが、次の1時間では、1.015台まで売られ、急激な往って来い相場となった。ECBの利上げ幅が0.50%と、予想の上限であったことや、次回も利上げを行うことが示唆されたことから、これまでであればユーロ相場は上昇を続けることが容易に推定できた(筆者もそう思っていた)。しかしその後のユーロは軟調に推移し、今週に入って再び1.01台に売られている。

これら現象の背景は、今は「足元の二国間の金利差」でなく、「景気後退の可能性格差」が優先されてきたと理由づけていいだろう。一つの材料は、22日発表の各国景況感(購買担当者指数、PMI)である。世界的な景気後退感が懸念されている中で、注目度が一段と高まった指標である、米国は47.5と大きく低下、2020年5月以来の50割れとなった。金利上昇により世界的な景気後退が予想され、特に米国のリセッション入りの警戒感が高まってきた。明日の米第2四半期GDP(アトランタ連銀のGDPナウではマイナス1.6%の予想)の発表も控えており、今回のFOMCでどのような判断が為されるか注目したい。

さて、今後1週間、ドル円は135.50~138.00円、またユーロドルは1.0020~1.0250、対円は137.00円~140.00円、英ポンドドルは1.1850-1.2150と予想する。

(2022/7/27、 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第490回 ~140円の分かれ道~