FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第697回  新型肺炎の感染拡大警戒で市場は一旦リスクオフへ

2020年01月27日

先週は、新型肺炎(コロナウイルス)の感染拡大に対する市場の警戒感が俄かに強まりつつある状態で週末を迎えることとなった。土日で市場が閉まっている間にも感染が拡がり続けると考えた投資家のなかには、週を跨ぐことなく手持ちのポジションを手仕舞った向きも少なくなかったに違いない。
先週23日に世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ったことで一旦は市場に落ち着きが戻りかけたものの、その後、一層の感染拡大や死者数増加のニュースが伝わるごとに警戒モードは強まっている模様。一部には「パンデミック」なるワードを早々と持ち出すメディアもあり、どうしても投資マインドはリスク回避的にならざるを得ない。むろん、あらためてWHOが緊急事態宣言を行う可能性も低くないと見られ、そうなれば一旦は相場が荒れることとなろう。

 やはり、暫くは「コロナ」関連のニュースが市場で最も関心を集めることとなり、場合によっては米・日株価やドル/円、クロス円が少々まとまった調整を交える可能性も大いにあると見られる。もともと、米国株全般や日本の半導体関連株、設備投資関連株、指数寄与度の高い銘柄などにあっては、目先的に高値警戒感が募りやすい状態が続いていた。
 日経平均株価について言えば、やはり「因縁の2万4000円台」に到達したことで一旦は上値抵抗が意識されやすい状況にあった。よって、昨年10月初旬の安値や今年1月初旬の安値が試した75日移動平均線が位置する水準(現在は2万3200円処)まで一時的に調整する場面があっても不思議ではない。
まして、米・日企業の決算発表はこれからが本番。発表を控えて、その前に念のためポジションを一旦整理してこうとする向きもあろう。ただ、日本株に関しては足下のバリュエーションから考えても、当面の下値は自ずと限られることであろう。

 またドル/円に関しても、一目均衡表の週足「雲」上限が位置する水準であり、なおかつ2015年6月高値と2018年10月高値を結ぶ長期レジスタンスライン(=三角保ち合いの上辺)が位置する水準でもある110.20-30円あたりでは、一旦押し戻される展開となっても至極当然と考えることができる。
 ちなみに、かつてコロナウイルスに感染することで発症する「重症急性呼吸器症候群(=SARS)」が世界的期規模で集団発生したのは2002年11月~2003年7月であった。当時を振り返ってみると、その間のドル/円は大よそ120円を挟んでのもみ合いに終始しており、必ずしも大きく円高方向に振れたわけではなかった。
 まして、かつて円が有していた「安全通貨としての強み」や「キャリー取引の対象としての魅力」は今や相当に薄らいでいる。なにしろ、アベノミクス以前の日本は長らく世界で唯一のデフレーションに陥っていたものだから、やけに「モノ」の価値よりも「カネ」の価値が高い状態が続いていた。もちろん、それも今や昔である。
また、近年は日本よりも欧州の金利の方が低い水準にあることから、円に代わってユーロがキャリー取引の対象となりやすい、つまり、市場全体がリスクオフのムードに包まれたとき、買い戻されやすいのもユーロということになる。

 とまれ、週明けのドル/円が、いきなり一目均衡表の日足「雲」上限を下回る水準からのスタートとなったことは決して軽視できない。
執筆時は89日移動平均線を試す展開となっており、仮に同線を下抜けると次に200日移動平均線が位置する108.50円処を試すこととなろう。場合によっては、一目均衡表の週足「雲」下限が位置する108.00円処が意識されやすくなる可能性もあると見ておく必要もあろう。ともすると、一時的にもパニックが生じやすい状況にあるため、当面はポジション管理をいつも以上に厳格にしておきたい。

(01月27日 09:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第697回  新型肺炎の感染拡大警戒で市場は一旦リスクオフへ