FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第697回  一つに上海市場の動きと他市場の反応が注目される!

2020年02月03日

先週末31日、それまで些か意外に思えるほどの底堅さを見せていた米株価とドルが急落する展開となった。その前日は、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスについてついに『緊急事態』を宣言したうえで「貿易や渡航制限までは推奨しない」などとしたことから、市場には「ひとまず安心」との見方が浮上する一幕もあった。
結果、一旦は米株価やドルが持ち直す動きを見せたものの、結局は31日の欧米時間にあらためて市場のリスク回避姿勢は俄かに強まることとなったのである。むろん、同日は週末と月末が重なったため、手持ちのポジションを一旦手仕舞っておこうとする向きも少なくなかったに違いない。また、週明けに春節休暇明けで再開する上海市場が一旦大きく下げる可能性もあることを警戒した動きも出たのであろう。
むろん、新型コロナウイルスの感染拡大が楽観視できないペースでその規模を膨らませていることへの警戒が何より大きいわけであるが、同時に本日(3日)以降の上海市場の相場展開とそれに対する他市場の反応からも目が離せない。

 こうなってくると、せっかく米主要企業の決算が総じて好調な結果を示しても、それが市場になかなかプラスの効果をもたらしてくれない。もちろん、米企業の好決算は動かしようのない過去の事実なとなるのであるから、そこはしっかり押さえておきたい。いずれ足下のウイルス騒動が終息に向かい始める場面では、あらためてファンダメンタルズがモノを言いはじめるようになるに違いない。
 なお、いまだ効果のほどは明らかではないが、一部報道では「オーストラリア南東部メルボルンのピーター・ドハーティー感染・免疫研究所が先週29日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの培養に成功したと発表した」などと伝えられている。培養したウイルスはWHOを通じて世界の研究機関と共有することとなり、ワクチンの早期開発につながる可能性もあるという。
相当の時間が必要となることは言うまでもないが、今後は同研究所に限らず世界中の様々な研究機関から新型ワクチン開発に関するニュースが逐一伝わってくるようになってゆくものと期待される。よって「ただ、いたずらに恐れる」ということは極力避け、いわゆる「正しく恐れる」という姿勢が重要となろう。

 なお、市場で今後一時的にもパニックが拡がって、株式やドルなどに狼狽売りが生じるようになると仮定した場合、そのときに「どこで下げ止まるか」を考えるうえでは、多分にチャート上で確認できる幾つかのテクニカル・ポイントが重要になってくるということも再認識しておきたい。
 まず、ドル/円については、先週末31日に一目均衡表の週足「雲」下限(現在は107.95円)を試すような動きとなった点が印象深い。この週足「雲」下限は、当面の下値の目安の一つとなろう。なお、仮に同水準を下抜けた場合は、次に週足の基準線(現在は107.37円)が意識されやすくなると見られる。
 一方、ユーロド/ルは先週末31日に31週移動平均線を試すような格好で一気に値を戻す動きを見せた。これは、多分に週末&月末のポジション調整が主たる要因であると考えられ、一時的なユーロ高・ドル安に過ぎないと見られる。
 先週31日、欧州連合(EU)が発表した10-12月期のユーロ圏GDP(速報値)は実質で前期比+0.1%(年率換算+0.4%)と、あまりにも無残な結果に終わった。中心的存在であるドイツで製造業を中心に時間短縮勤務を導入する企業が増え続けており、受注激減&生産調整の傾向が一段と強まってきていることも大きいと見られる。
 よって、ここはより戦略的にユーロ/ドルに対して戻り売りを仕掛けるタイミングを計りたいと個人的には考える。1.1100ドル処というのは、一つの上値抵抗として意識される可能性もあると言えるだろう。

(02月03日 09:05)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第697回  一つに上海市場の動きと他市場の反応が注目される!