FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第701回 足下の「パニック」が落ち着くまで少し様子見

2020年03月09日

 新型肺炎ウイルスの感染拡大に関して、市場の関心が米国内の状況に集中しはじめている。先週5日にカリフォルニア州で初めての死者が確認されたり、先週6日に4つの新たな州で感染が確認されたりするなど、事態は悪化の一途を辿っているようにも見え、そうした報せが飛び込んでくるたびに市場の警戒感は強まっている。

 ほんの2週間ほど前まで、まるで「対岸の火事」を見るかのような冷静さを保っていた米金融市場のムードもここにきて急変した。乱高下を続ける米株価の極めてボラタイルな値動きも結構ショッキングだが、何より米10年債利回りが連日のごとく過去最低の水準を更新し続けている状況には少々ゾッとさせられる。
あろうことか、米10年債利回りは先週6日に一時0.65%台まで急低下。そうした状況を実際に目の当たりにしても「何かの間違いだろう」、「システムトラブルではないか」などと思ってしまうほどの異常事態。システム売買の為せる業であるところが多分にあるとするなら、それは文字通り「人智を超えた」ところでの動きである。

 先週5日、ブルームバーグの電話インタビューに応じた門間一夫みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミスト(元日銀理事)曰く「リーマンショックと違って既存のビジネスモデルが壊れた訳ではなく、地震と違って供給能力も破壊されていないため、感染さえ収まれば経済が回復するシナリオは十分立てられる」。今は、まさにこうした認識が重要なのではないかと思われる。
 同じ日(5日)の日本経済新聞「大気小機」で、ペンネーム「恵海」氏は「1918~19年に世界で大流行したスペイン風邪は2~3波襲来しており、楽観は許されない」などという私見を披露していたが、果たして現時点で『スペイン風邪』を持ち出してくるというのはいかがなものだろうか。もちろん、複数の仮説が立てられて当然なのであるが、仮に有効な治療薬などが早めに見つかったりすれば、いま市場で見られている「過剰としか思えないマイナスの反応」が今度は真逆に作用することとなってもおかしくはない。

 過剰と言えば、この2週間ほどのドル/円の下げ方についても「少々行き過ぎではなかったか」との感を禁じ得ない。米債利回りの異常な低下ぶりを考えれば、ある程度は無理もないと言えるところもあるが、ウイルス感染拡大の悪影響はどう見ても米国より日本の方がずっと深刻である。少し前まで耳にすることも多かった「日本売り」との声は一体どこへ消えてしまったのであろう。
 週明けのドル/円は一時的にも104円を割り込む場面を垣間見ており、2月下旬に一時112円台に乗せる展開となっていたことが、まるで幻だったかのよう。2018年以降のドル/円は105円を割り込むと、決まってそこから切り返すといったパターンを繰り返してきていたのだが、今回は状況が異なるということなのだろうか。2016年6月安値から同年12月高値までの上げ幅に対する76.4%押しは103.62円処であり、一応は確認しておきたいが、異常事態で「パニック」が生じていることも確かであり、少し市場が冷静さを取り戻すまでは様子見に徹するのが無難と言えよう。

 なお、足下でドル安傾向が強まるなか、ユーロ/ドルが非常に強い動きとなっていることも印象的ではある。先週の週足ロウソクは31週移動平均線を上抜けるところからスタートし、長い陽線を描きながら一目均衡表の週足「雲」下限、62週移動平均線を次々に上抜け、週末6日には一時的にも週足「雲」上限付近にまで到達する場面があった。
 週明け9日のオセアニア時間には一段の上値を試す動きとなり、とりあえず週足「雲」上限を上抜ける動きとなっているが、これも少々パニック的。冷静に考えれば、ウイルス感染拡大の影響はユーロ圏においても甚大であり、いずれその点が材料視される局面も再来するものと心得ておきたい。

(03月09日 09:05)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第701回 足下の「パニック」が落ち着くまで少し様子見