FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第713回 米・日株価が上げ一服ならドル/円、クロス円も一服?

2020年06月08日

 依然として、米・日株価は上値追いの展開を続けている。先週あたりは一旦調整を交える可能性が高いとと見る向きも多かったが、実際にはなおも上げの勢いが衰えず…。先週5日の米株市場においては、NYダウ平均の上げ幅が一時1000ドルを超える場面もあったうえ、ナスダック総合指数が取引時間中の史上最高値を更新する場面もあった。
 強烈なリスクオンの流れが続いており、ついに日経225先物も5日のナイト・セッションで2万3000円の大台に乗せる動きとなった。むろん、売り方はたまらず、損失覚悟の買い戻しを迫られるといった展開が、今しばし続く可能性さえある。
 ドル/円の売り方においても状況は同じで、ことに先週は2日に89日移動平均線をはじめ一目均衡表の日足「雲」上限、200日移動平均線(200日線)といった重要な節目を次々に上抜ける展開となったことが大きい。思えば、先週のスタート時は市場にリスク選好ムードが拡がっていることで「ドル売りと円売りが同時に進行し、結局のところドル/円は上にも下にも動きにくい」と見る向きが少なくなかった。
 ところが、2日以降は見る見るうちに200日線ばかりか3月高値から5月安値までの下げに対する半値(50%)戻しの水準=108.84円までブレイクし、豈図らんや週末5日には61.8%戻しの水準=109.52円まで上抜ける驚異の上げを演じて見せたのである。

 3月半ば頃に一時、極端に強まったドルの調達懸念が後退し、市場では徐々に「リスク選好のドル売り」と称される動きが強まったわけであるが、それが嵩じて先週の週末にかけては、さすがにドルが安くなり過ぎたとの感も強まったように思われる。そこに、5月の米雇用統計の予想外に力強い結果が飛び込んできたことで、一気にドルを買い戻す流れが強まったということもあろう。
また、そもそも「ドル売りの圧力以上に円売りの圧力が強くなっていた」ということもある。それは、一つに豪ドル/円やユーロ/円などクロス円全般が強含みの展開を続けたことで、その流れがドル/円にも波及したということに因る。
 前回更新分の本欄では、豪ドル/円の行方に要注目と述べたうえで「62週移動平均線(62週線)や一目均衡表の週足『雲』下限が位置する73円台半ばあたりの水準を試す可能性がある」としたが、実際には62週線や週足「雲」下限の水準を易々とブレイクし、ついには週足「雲」上限をも上抜ける強烈な上昇となった。
 結果、豪ドル/円は一時76,75円まで上値を伸ばし、昨年12月の高値をも上抜けてしまった。言うまでもなく、それは「コロナ以前」の水準ということになるわけで、さすがに目先は少々行き過ぎといった感もしないではない。
 豪ドル/円とドル/円はともに日経平均株価との正の相関が強く認められるわけであるが、当の日経平均株価が2万3000円台を試したところで今週末にメジャーSQを迎えるという事実関係にはやはり留意しておく必要があろう。既知のとおり、2万2000~2万3000円という価格帯は言わば「真空地帯」であったが、23000円より上の価格帯には少々まとまった出来高があり、2万4000円を試すのはそう容易いことではない。

 つまり、そろそろ日経平均株価の上げが一服となり、当面はやや調整含みということになれば、同時に豪ドル/円やドル/円の上値も少々重くなりがちとなろう。
 よって、今週のドル/円、クロス円とはやや慎重に向き合いたいところ。まず、ドル/円は110円処が上値の「壁」となるかどうかを見定め、一旦押し戻されるようであれば短期スタンスで戻り売りを基本としたい。むろん、下値にも自ずと限りがあると考えられ、一つには200日線が目安となろう。
同様に、ユーロ/ドルについても目先は上げ一服となる可能性が高いと思われ、基本的には短期の売りスタンスで臨みたいと考える。とりあえず、下値の目安は1.1150-1.1100ドルあたりのゾーンと見ておきたい。
(06月08日 08:50)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第713回 米・日株価が上げ一服ならドル/円、クロス円も一服?