FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第721回 足下の展開は非常にボラタイル~やはり8月は波乱含み?

2020年08月03日

 先週は、週を通じて日本株が軟調な展開を続け、週末&月末の日経平均株価は2万2000円を割り込むこととなった。足下で発表が相次いでいる4-6月期の決算発表を受け、これまでの「些か明確な根拠に乏しい期待」が消し飛んでしまい、あらためて厳しい“現実”を思い知らされる格好となった結果、波乱含みの展開となる可能性が高い8月を前に買いの手が引っ込んでしまったとの感がある。
 その一方で、米国株はIT・ハイテク株の好決算を受けて全般に高止まりの状態を続けているが、足下では新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増しているうえ、追加の経済対策を巡る与野党の調整も難航しており、その先行きには暗雲も漂い始めている。
 そうしたムードのなか、先週は週末31日の昼過ぎ(日本時間)あたりまで基本的にドル安の流れが続き、ドル/円が一時104.19円まで下押す一方でユーロ/ドルは一時1.1909ドルまで上値を伸ばす展開となった。
 先週のドル安は、米株価の堅調推移を受けた「リスク選好のドル売り」ではなく、やはり米国経済の先行きを懸念したストレートなドル売りであった可能性が高いと見ていいだろう。米フロリダ州でウイルス感染症による1日の死者数が4日連続で過去最多となるなど、俄かには信じがたいほどの脅威を日々目の当たりにしているのであるから無理もない。加えて、NY金先物価格が連日のごとく過去最高値を更新している状況であるということも、象徴的に市場の先行き不安を増幅することに加担している。

 ただ、NY金先物価格にしてもユーロ/ドルにしても、このところの上昇がかなりオーバースピード気味となっていることは否めない。既知のとおり、先週末の欧米時間帯には月末ということもあってドルショートを一旦整理する動きも見られており、結果的に国際金融相場は全般にかなりボラタイルな展開になってきている。
 市場では「一時的なドル買い戻し」と見る向きも少なくないようだが、それにしても先週末のドル/円は104円台前半から反発して一時106円超の水準を垣間見るなど、その値動きは過激なものとなった。31日の日足ロウソクは下ヒゲを伴う長めの陽線を描くこととなり、テクニカルな観点からすれば「ドル安はとりあえず一服」といった感もある。
 ユーロ/ドルについても、31日の日足ロウソクは上ヒゲを伴う陰線となり、目先は上げ一服との印象を抱かせる。むろん、いずれは1.2000ドル処を試すと見る向きも少なくないようだが、ここは少し慎重に様子を見たいところでもある。

 ドル/円に関しては、日本の金融当局が円高への警戒を強めているとの思惑が強まったことで一旦反発したとの指摘もある。また、ユーロ/ドルに関しては「そろそろECBが何らかのアクションを起こす可能性がある」との声も聞かれていた。ユーロ圏経済にとって足下のユーロ高が決して看過できないレベルになってきていることは確かであろう。なお、南欧諸国の10年国債利回りは既に相当低下しており、そろそろ買い余地も限られてくるものと見られる。つまり、ドルからの資金シフトも容易ではなくなりつつある。
 また、決して容易ではないものの、追加経済対策を巡る米与野党の協議もどこかで妥協点を見出して行かなければならないはずである。法案成立が暗礁に乗り上げたままというのは与野党双方にとっても忌々しきことであり、調整を棚晒しにしたまま夏季休暇に突入することなど許されていいはずもない。いずれにしても、審議は今週7日まで続けられる予定であり、その間は協議の経過をじっくりと見守っていく必要があろう。
 例年のことではあるが、8月の相場は波乱含みになりやすいとされ、そこはつとめて神経質に向き合う必要があると思われる。あえて向き合うなら、ついに週足終値で一目均衡表の「雲」の上に顔を出した豪ドル/円の上値余地を探りながら打診的に短期ロングで臨むのが一手と考える。目先的な上値の目安は、やはり貯金高値の水準である76.80円処と考える。
(08月03日 08:50)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第721回 足下の展開は非常にボラタイル~やはり8月は波乱含み?