FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第733回 リスク選好でドル売りの流れもそろそろ一服?

2020年11月09日

 先週1週間でNYダウ平均は1800ドル超、日経平均株価は4営業日で1300円超の大幅な上昇となった。米・日株価は、米大統領選の開票状況を横目にしながら、その結果を“いいところ取り”する格好で上値追いの展開を続ける。当然、売り方は厳しい立場に追いやられることとなり、止むを得ず損失限定の買い戻しを余儀なくされていること自体が、さらに株価の上昇を勢いづかせる格好となっているわけである。

 既知のとおり、米大統領選でジョー・バイデン氏の当選が確実になったと伝えられている。連邦議会選の方は下院で民主党の過半数確保がほぼ確実と見られる一方、上院は共和党が過半数を維持すると見る向きが少なくない。上院選については最終決着が来年1月に持ち越される見通しとなっているが、さしあたり市場は共和党が優勢という前提で明日を展望し始めている。
 結果、これまで民主党が主張してきた大型規模での財政出動は難しくなるかもしれないものの、巨大IT企業などを対象とする厳しい規制の導入や増税などの方向性が弱まることへの期待もあり、市場は全体にリスク選好のムードを強めている。
 そもそも、米大統領選というビッグイベントを通過しつつあること自体がリスクオンであるし、仮にトランプ氏が最終的に勝利することになったとしても比較的まとまった規模の財政出動が実施され、景気浮揚効果が期待される点に変わりはない。
 むろん、なおも最終決着までに相当の時間を要する可能性は残されており、暫くの間「ある種の政治的空白が生じることを嫌気する局面が、いずれ訪れる可能性がある」という点には今後も警戒しておくことが求められよう。

 とまれ、足下では全体にリスク選好ムードが色濃くなっており、外為市場ではドル安の傾向が強まり続けている。結果、ドル/円は先週5日に長い陰線を描いて104円処の節目を一気に下抜けることとなり、足下では当面の下値のメドをつけることがなかなか難しい状況となっている。目先は102円前後が一つの目安ということになろうか。
 なお、このドル安の流れは、ユーロ/ドルやポンド/ドルの水準を大きく引き上げることにも貢献しており、ともに10月高値と顔合わせする動きとなっている。もちろん、そこにユーロやポンドの自律的な動きは見られない。
 周知のとおり、ユーロについては「域内でのコロナ感染再拡大に伴い再度のロックダウンを強いられる都市が日増しに増えていること」や「すでに欧州中央銀行(ECB)が12月の定例理事会で確実に追加緩和策の実施を決定すると見られている」ことなどが、いずれ弱気材料視されるようになる可能性が大いにある。つまり、当面の高値は自ずと限られるものとなっておかしくない。やはり、1.1190ドル処は一つの目安となろう。
 また、ポンドについては先週5日の英中銀金融政策委員会(MPC)において資産購入枠の1500億ポンド拡大(予想は1000億ポンド)を決めたことが、本来はネガティブ・サプライズであったはずなのだが、利下げ実施の決定がなかったことと折からのドル安が足下のポンド買いを誘発する格好となっている。とはいえ、今後はマイナス金利導入の観測が市場で強まる可能性もあり、やはり当面の高値は自ずと限られたものになろう。

 米・日の株高についても、そろそろ目先的にスピード警戒感が強まりやすい状況になっていると見られ、一旦調整入りということになれば、ドル安の流れにもひとまず歯止めがかかることとなろう。むろん、今後のトランプ氏の出方によっては、市場のムードが一気にリスク回避的になる可能性もないではない。
 よって、当面はドル安一服&反発の場面が訪れる可能性も大いにあると見て、ユーロ/ドルやポンド/ドルに対しては戻り売り、ドル円に対しては押し目買いで対応するタイミングを見計らいたいと個人的には考える。
(11月09日 08:45)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第733回 リスク選好でドル売りの流れもそろそろ一服?