FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第776回 FOMC議事録の内容に対する市場の反応に注目!

2021年10月11日

 前回想定した「アンワインドの動き」は、週の初めの4日までに一巡。その間、ドル/円は一時的に110円台まで下落する場面があったものの、先週5日には111円台半ばの水準まで値を戻し、週末には112円台を再び回復するというドル強気の動きに戻った。
 何より大きいのは、やはり米国債利回りの上昇が継続していることにあり、それは一つに原油価格の上昇継続によるインフレへの懸念の高まりが一因であると見られる。
 米10年債利回りは先週4日時点で一時1.45%台半ばまで低下する場面も見られていたが、週末8には1.615%前後まで上昇。前回更新分の本欄でも述べた通り、やはり米国債の市場価格というのは意外なほど値動きが大きい。9月29日以降は一時的にもアンワインドの動きが見られていたが、ほどなく切り返して利回りは再度上昇傾向を強めている。

 先週6日に発表された9月のADP雇用者数や7日に発表された米新規雇用保険申請件数の結果が強めだったことが8日発表の米雇用統計に対する期待感を膨らませたということも、米国債利回りの上昇やドル高の背景にはあった。
 ところが、いざフタを開けてみると9月の米雇用統計における非農業部門雇用者数の伸びは事前の市場予想を大きく下回った。それを受けて米10年債利回りは一時1.55%台、ドル/円は一時111円台半ばの水準まで低下したが、ほどなく米国債利回りとドル/円は切り返し、むしろ一段の上昇を見ることとなった。
 市場の受け止めは「11月のテーパリング開始が遅れるほど悪い内容ではない」ということのようであり、それは今回の米雇用統計の詳細な内容からすれば頷けなくもない。というのも、今回は「飲食部門」の雇用者数が前回の2.47万人減から2.9万人増に転じたうえ、前回マイナスだった「小売部門」もプラスに転じていたのである。それは、いわゆるリ・オープニングの傾向が強まっていることを示していると解釈できる。
 「教育」と「介護」の部門が減少となったのは、前回が力強い結果であったことの反動であり、製造業が冴えなかったのはサプライチェーン問題を反映している。つまり、米国はワクチン接種率の伸びが頭打ちで、ワクチン接種が完了した(抗体を有する)人の感染も増えてはいるが、米メルク社によって開発が進む経口薬(飲み薬)の年内供給開始への期待も高まっていることで、とにかく経済活動は積極的に再開していこうということのようなのである。
 そうであるならば「パンデミックが及ぼす悪影響に対する緊急対応として導入された資産購入策」の幕を段階的に引いていく、つまりテーパリングを開始することは間違いではない。ただし、かねて米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が述べているとおり「テーパリングと利上げは別物である」という点は再認識しておくことも重要である。

 とまれ、先週8日のドル/円は昨年2月高値=112.22円と顔合わせするところまで上昇しており、当面は一旦上げ一服となるかどうかを慎重に見定めることが求められる。米国債利回りや原油価格の上昇はそろそろ落ち着いてきてもおかしくはないが、とかく「行き過ぎる(オーバーシュートする)ことが少なくない」のも事実である。
 月足の一目均衡表でドル/円を見ると、今月(10月)の「雲」上限は112.15円に位置しており、場合によっては同水準をクリアに突破してくる可能性もある。突破すれば、もはや2018年10月高値が位置する114円台半ばの水準が視野に入ってくる。
 今週13日に発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録の内容に、あらためて市場がドル買いで反応する可能性もあろう。逆に、月足「雲」上限が上値抵抗として意識されれば、一旦は111円台半ばあたりまで再び調整してもおかしくはないと見る。
 一方、前回「戻り売りのチャンスをうかがう算段で臨みたい」としたユーロ/ドルについては、今週も同様の姿勢で臨むことが有効と考える。一時的にも戻りがあるとすれば、やはり日足の「転換線」が一つ目安となろう。      

(10月11日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会