FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第787回 ポンドやユーロの対ドルでの戻りは一時的!?

2021年12月27日

 先週の最大のトピックは、米食品医薬品局(FDA)が米ファイザー製の新型コロナウイルス経口薬(パクスロビド)に続いて、メルク製の経口薬(モルヌピラビル)についても緊急使用許可(EUA)を出したということになるだろう。
 両社の薬は、世界中で感染拡大が続いているオミクロン株に対しても抗ウイルス活性を示すとされる。既知のとおり、オミクロン株は「感染力は強いものの、重症化リスクは低い」と見られており、さらに「ワクチンのブースター接種は、オミクロン株に対する抗体を大幅に増加させる」との情報も各製薬メーカーから発信されている。
 こうした情報が市場の不安をかなり和らげている。結果、市場のリスク回避ムードは後退し、米10年債利回りは1.5%付近まで再び上昇。また、米株市場ではS&P5500種が先週23日に史上最高値を更新するなど、強気の展開が見られている。

 とはいえ、足元で必ずしもドル買いの勢いが強まっているわけではない。実際、先週はポンド/ドルが21~23日にかけて1.3200ドル処から1.3400ドル処まで大きく値を戻す動きとなり、ユーロ/ドルも1.1300ドルを挟んでもみ合う展開となった。
 一つには、オミクロンに対する警戒が和らいだことによって「リスク回避のドル買い」の動きが後退していることがあると見られる。加えて、足元の市場ではクリスマス休暇や年末に向けたポジション調整の動き、つまりポンドやユーロを一旦買い戻そうとする動きが主体になっているということもある。
 なにしろ、英国や欧州では新規のコロナ感染者数が爆発的に増加していることからロックダウンの可能性も指摘され、2022年の第1四半期はマイナス成長に陥るとの見方まで出てきている。さらに、このところの天然ガス価格の高騰がポンドやユーロを圧迫すると見る向きもある。そもそも、英国についてはジョンソン首相の求心力低下などといった「政治リスク」を警戒視する向きも少なくない。
 それでもポンドやユーロが買い戻されるのは、ひとえに年末要因によるところが大きいということになりそうである。むろん、そうであるとするならば、ポンド/ドルやユーロ/ドルの戻りは自ずと限られるということになるだろう。
 ポンド/ドルは、10月20日高値から12月8日安値までの下げに対する38.2%戻しの水準(=1.3420-30ドル処)までの戻りを見ており、そろそろ戻り一巡となってもおかしくはない。仮に、直近高値=1.3437ドルを上抜けて一段の上値を試す動きになったとしても、やはり1.3500ドル処や一目均衡表の日足「雲」下限の水準における上値抵抗は相当に強いと見られる。よって、当面は戻り売りのチャンスをうかがいたい。
 また、ユーロ/ドルについては、前々回と前回の更新分でも指摘したように1.1350ドル処での上値抵抗が相変わらず強い。同水準で戻り売りを仕掛けて1.1250ドル処で買い戻すというストラテジーは11月30日以降幾度も成功しており、今後も当面は同様のスタンスで臨みたいと考える。

 一方、ドル/円は「リスク選好のドル売り」に対して「リスク選好の円売り」が勝る格好で徐々に値を戻す動きとなっている。基本的には上向きのバイアスがかかっており、下値は依然として一目均衡表の日足「雲」上限が支える格好となっている。
 前回は「114.20-30円処を超えられるかどうかに注目」と述べたが、すでに同水準を上抜ける動きとなってきており、今後は同水準が下値の目安として意識されやすいと見る。
年内は基本的に小動きが続く可能性が高いと思われるが、年明けに向けて115円台乗せから11月24日高値=115.49円を試す動きが見られてもおかしくはないだろう。
 振り返れば、2021年のドル/円は102円台からスタートし、年を通じて基本強気の展開を続けた。3月31日高値から9月22日安値までの調整局面はすでに終了し、目下は強気トレンドの最中にあると見ていいだろう。

(12月27日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第787回 ポンドやユーロの対ドルでの戻りは一時的!?