FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

新型肺炎によるリスク回避の動きが新興市場を直撃

2020年01月31日

中国の湖北省の省都武漢で感染が拡大した新型コロナウィルスによる肺炎は中国全土に広がり、日本を含む各国に伝播しています。筆者は医学の専門家でありませんから当然詳病気に関する詳しいことは語れませんが、少なくともマーケットに対する影響はしばらくは続くのではないでしょうか。
当然今回の肺炎の電線は中国が一番大きな悪影響を受けるわけですが、中国との地理的、経済的な結びつきが強いアジアの国々がまずは影響を受けます。
しかしドル人民元が0.76%の上昇(ドル高人民元安)にとどまるなかで、ドルトルコリラは0.61%の上昇(ドル高リラ安)、トルコリラ円は0.41%の下落、ドル南アフリカランドは2.57%の上昇(ドル高ランド安)、ランド円は2.15%の下落となり、今週はランドの下落が一番大きくなっています。

一方でドルメキシコペソは0.05%の下落(ドル安ペソ高)となり、ペソ円は0.45%の上昇となっています。
28日に発表された12月のメキシコの貿易収支は12億8300万ドルの黒字となりました。2019年の黒字は61億ドル(2018年は133億ドルの赤字でした)となり1996年以来の大幅な黒字になりました。
12月は輸出は前年比2.1%の減少で4か月連続の減少でしたが、輸入は5.1%の減少となり7か月連続の減少となりました。メキシコは2019年はリセッションとなり、経済減速で輸入が減少したことで貿易黒字が増加しました。
あまり良い質の黒字増加ではありませんが、貿易収支の改善を受けてメキシコペソは買われました。ドルメキシコペソは18.92付近から18.71付近に下落(ペソの上昇)、メキシコペソ円は5.747円から5.827円に上昇しました。
南アフリカランドが肺炎被害の拡大で混乱する中国より下落幅が大聞いというのも不思議なのですが、30日に国営電力会社エスコムが電力供給が厳しいとして夕方に計画停電を実施する可能性を明らかにするなど引き続き経済の減速がランドの下落圧力になっています。

今回の新型肺炎の拡大が沈静化するまでは株式市場は下落圧力がかかり、新興国通貨も上値が重い動きが続くものと思われます。
来週の予定は2月3日のトルコの1月の消費者物価指数、7日のメキシコの1月の消費者物価指数が注目されます。

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント

MXN/JPY1時間足BIDチャート


チャートはメキシコペソ円の1時間足です。20日に5.9080の高値まで上昇しましたが、28日に5.738円まで下落しました。貿易収支の改善などを受けて5.844円まで上昇しました。その後はリスク回避の流れを受けて5.757円まで下落しましたがニューヨーク市場の終盤にかけて反発して5.801円で終了しています。
短期的には一目均衡表の転換線の5.787円付近がサポートされており、このレベルが維持できれば30日の高値5.844円付近への反発が期待できます。しかし、このレベルは短期的には重要なレジスタンスとなっており、ここが上抜けできないと28日の安値の5.737から5.844円を中心としたレンジが予想されます。

レンジ、終値は27日から30日のニューヨーククローズまでを利用しています

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > YEN蔵の外国為替見聞録 > 新型肺炎によるリスク回避の動きが新興市場を直撃