FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

新興国通貨は再び下落

2020年04月17日

今週に入り新興国通貨が再び下落しています。
4月6日にドルインデックスが100.94と高値まで上昇後に4月15日まで下落を続けて98.80付近まで下落しました。
この過程でドルランドは1ドル=19.35付近から17.85までドルの下落ランドの上昇となりましたが、そこから上昇し18.72付近で推移しており、この時点では前週よりもランド売りになっています。
ドルメキシコペソは4月6日の25.78ペソから4月13日に23.21ペソまでドル安ペソ高となりましたが、24.18ペソ付近までドル高ペソ安になっています。
ドルトルコリラ4月8日の6.79リラから6.62リラまでドル安リラ高となりましたが、その後は9.94リラまでドル高リラ安が進んでいます。
それぞれの国に個別の事情があるにせよ、ウィルスの感染拡大から世界経済が大減速する中で、先進国に比べて脆弱性の高い新興国通貨は売られています。
ここまで書きましたが、早朝にトランプ大統領が3段階の経済再開の指針を示したこと、米国の製薬メーカーであるギリアド・サイエンシズのレムデシビルという薬が臨床で好結果をだしたことでリスク選好の動きに転じています。


新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【それぞれに事情】

3通貨の中でもトルコリラの下落が大きかったですが、トルコは最近外貨準備の不足が話題になっています。トルコの外貨準備は1010億ドルと新興国の中では大きいほうではありません。
またトルコは経常収支こそ黒字なのですが、貿易収支の赤字をサービス収支がカバーしている状況です。このサービス収支は観光業で観光地であるトルコに多くの観光客が訪れていましたが感染拡大で観光収入の激減からトルコの国際収支が悪化することが予想されます。
トルコ政府は3日に感染拡大阻止のために31県に移動制限措置を発動し、このことは経済活動をさらに減速させる可能性があります。

南アフリカは9日に外出禁止令を4月末まで延長すると発表しました。これによって4~6月期の経済成長が大きくマイナスとなることはほぼ確実となりました。
格付け会社ムーディーズは14日のレポートで2020年の南アフリカの経済成長見通しを-2.5%に引き下げました。5週間に及ぶ全国的な外出禁止措置が生産活動に大きな影響を与えると指摘しました。

格付け会社フィッチ・レーティングは15日にメキシコの長期外貨建て発行体格付けをBBBからBBBマイナスに引き下げました。ジャンク級の一つ上の段階まで引き下げられましたが見通しは安定的としました。
フィッチはメキシコ経済が感染拡大により少なくともマイナス4%の成長に陥り財政赤字が拡大すると予想し、1052億の債務を抱える国営石油会社ぺメックスについても原油価格の急落を考慮すればさらにリスク要因になると指摘しています。
メキシコは2019年にマイナス成長に陥っており、感染拡大によってさらに深刻な減速となる可能性が懸念されます。

【トルコリラの予想】

トルコリラは対ドル、対円に対して下落が続いておりドルトルコリラは1ドル=6.95リラまで上昇して2018年8月14日の高値6.9850に迫っています。当面ここがポイントになりますが、ここを上抜けすると8月13日の高値7.15がターゲットになります。
リラ円は2018年8月の安値15.525円を下抜けして16日に15.434円まで下落しました。
朝方15.596円まで反発しましたが、一目均衡表の雲の下限におさえられて15.524円まで下落しています。
昨日の戻り高値15.63円付近、一目均衡豹の雲の上限の15.69円がレジスタンスとなり、ここを完全に上抜けするまでは下落トレンドは継続と予想します。

TRY/JPY1時間足BIDチャート


【南アフリカランドの予想】

ドル南アフリカランドは先月2016年の高値1ドル=17.3150ランドを上抜けしてから上昇が加速しています。先週19.3471まで上昇後に17.85まで下落しましたが再び18.9270付近まで上昇後に本日はややリスク選好となり18.70付近で推移しています。
ランド円は10日に6.083円まで上昇しましたがその後下落し5.678円まで下落しましたが、本日は5.786円まで反発しました。
一目均衡表の雲の上限の5.85円がレジスタンスになり、4月6日の安値5.595円と試しにいく流れが継続と予想します。


ZAR/JPY1時間足BIDチャート

【メキシコペソの予想】

ドルメキシコペソは先週1ドル=25.7812ペソまで上昇しましたが、その後13日に23.2097ペソまで下落しましたが24.4299まで上昇後に本日は23.7857まで下落しています。
ペソ円は4月10日に4.655円まで上昇しましたが、4.403円まで下落しましたが本日は4.549円まで上昇後に4.526円付近で推移しています。
9日の高値4.655円から16日の安値4.402円まで下落しましたが50%戻しが4.528円、61.8%戻しが4.558円で、短期的にはこのレベルがレジスタンスとして機能しています。
一方で一目均衡表の雲の上限の4.5円、下限の4.46円がサポートとして機能しています。
レンジをどちらに抜けるか重要で、上抜けできれば9日の高値4.655円、下抜けすれば4.40円を目指す動きを予想押します。

MXN/JPY1時間足BIDチャート


このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ