3月から4月にかけては先進国の中央銀行は緊急会合を開き矢継ぎ早に金融緩和を行いました。また政府も支援策を取りまとめ財政出動を行い政府と中央銀行の連携によって経済の減速に対処しています。
そのような流れは先進国だけではなく、新興国で" />

FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

中央銀行、政府の政策総動員

2020年05月01日

3月から4月にかけては先進国の中央銀行は緊急会合を開き矢継ぎ早に金融緩和を行いました。また政府も支援策を取りまとめ財政出動を行い政府と中央銀行の連携によって経済の減速に対処しています。
そのような流れは先進国だけではなく、新興国でも進んでいます。先週はメキシコと、トルコが緊急利下げを行いましたが、それぞれの政策に中心に新興国通貨の材料と予想を行います。

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント
新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント

【トルコリラの材料と予測】

先週お伝えしましたが4月22日にトルコ中央銀行は政策金利の1週間物レポレートを予想の0.5%に対して1%の利下げを行い8.75%としました。
トルコの3月のインフレ率は前年同月比11.86%となっており、大幅な利下げを受けて実質金利は-3.11%(政策金利―インフレ率)となりマイナス金利なっています。マイナス金利がトルコ売りにさらに拍車をかけている面があります。
トルコはイスタンブールやアンカラなどの大都市で外出制限が行われていますが感染の状況は好転していません。
トルコは観光地として有名で多くの観光客が訪れますが、今回の感染拡大の状況から観光客は期待することができず、そのことで経常収支がさらに悪化するとともに外貨準備の減少が加速する可能性があります。
トルコの4月10日の外貨準備は889.2億ドルでここ2~3か月で外貨準備の減少が目立ちます。今後も海外の資金の流出と旅行客からの収益が見込めないと外貨不足に陥り為替市場で売り材料になる可能性があります。
ドルトルコリラは先週1ドル=7リラ台まで上昇しましたが今週は若干リラ高で推移しています。7リラ台が天井圏になるのか注目です。

TRY/JPY 1時間足BIDチャート

リラ円は4月29日に15.209円に下落しましたが、15.32付近で推移しています。短期的には戻り高値の15.38付近がレジスタンスになっています。15.20付近がサポートできれば15.20~15.38のレンジ、15.20が下抜けした場合は15円、15.38を上抜けした場合は15.45付近への上昇を予想します。

【メキシコペソの材料と予測】

こちらも先週お伝えしましたが4月21日にメキシコ中央銀行は緊急理事会によって政策金利を0.5%引き下げて6%としました。メキシコの金融、経済状況は当局の想定以上の減速を見せており原油価格の下落などインフレ圧力の低下が利下げを可能にしています。 またメキシコ銀行は10項目の政策パッケージを発表しました。 この政策は、流動性を潤沢に供給する、国債を担保とする資金供給プログラムを創設、適格社債を担保とする資金供給プログラム創設、中小企業、個人向け融資をした銀行に担保を条件に貸し出しプログラムを創設、メキシコ時間外の為替介入の実施。 このように資金を潤沢に供給し経済をサポートするとともに為替介入による通貨の防衛も含まれた広範なプログラムです。 先週は一時1ドル=25.294ペソまでドル高ペソ安となりましたが、今週はドル安ペソ高の流れとなり1ドル=23.645ペソ付近までペソ高が進みました。上昇前のドルの安値23.66、23.20付近が短期的なサポートとなり、ここが下抜けできないと対ドルでのペソ安の流れは継続と思われます。

MXN/JPY 1時間足BIDチャート

ペソ円は4月25日に4.246円まで下落しましたが、4.502円まで反発しました。4月18日の高値4.553円が短期的なレジスタンスとなっており反転下落トレンドになっています。一目均衡表の雲の下限4.4円付近を下抜けして4.38付近まで下落しています。4.246~4.502円の50%戻しが4.375円、61.8%戻しが4.345円となり、このレベルをサポートできれば再度4.5円方向への動きになると思われます。ここが下抜けすると4.25円方向への動きになるでしょう。

【南アフリカランドの材料と予測】

ラマポーザ大統領は4月23日にロックダウンを5月1日に緩和し、一部産業の事業再開を認める方針を示しました。また今週はリスク選好の流れを受けてランドは上昇する局面がありました。
しかし格付け会社ムーディーズは債務の拡大と景気刺激策には懐疑的で格付けに関する懸念は引き続きランドにとっては重しとなっています。
ドルランドは24日に1ドル=19.188ランドまでドル高ランド安が進みました。しかし今週はランド高になり1ドル=18.018ランドまでランド高が進んだ後に18.72ランド付近で推移しています。

ZAR/JPY 1時間足BIDチャート

ランド円は4月23日に5.599円まで下落しましたが、30日には5.921円まで上昇し5.718円付近で推移しています。
ランド円は短期的には5.599円がサポートされましたが、4月6日の安値5.595円に続き5.59台がサポートとして機能しています。
5.921円が天井となり再び5.59~5.92円のレンジでの動きが予想されます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ