FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

ドル売りの恩恵が薄い新興国通貨

2020年07月31日

先進国の中央銀行が軒並み政策金利をゼロ近辺かマイナス圏に低下させた中で特にドルの下落が目立っています。米国の政策金利は0~0.25%です。FRBは資産買入で資金を市場に投入しています。
また米国政府は感染拡大に対する経済政策として3月に2.2兆ドルの景気対策を成立させました。金融政策、財政政策ともに拡張的であり、これを受けて将来の予想インフレ率が上昇することで米国は実質金利マイナスになったことがドル売りにつながりにユーロ買い、オセアニア買い、ゴールド買い、ビットコイン買いとなっています。
ドル売りの恩恵は一部の新興国通貨でも新興国通貨の上昇という恩恵がありましたが、今週後半になりその恩恵は薄れてきており新興国通貨は軟調に推移しています。
またドル円が24日から下落し一時104.77付近まで下落したことで対円では新興国通貨の下落が目立っています。


新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【南アフリカランドの動き】

今週のドルランドは16.6627オープン、16.9023クローズで1.44%の上昇、ランド円は6.326円オープン、6.217円クローズで0.35%の下落となりました。
23日に南アフリカ中央銀行は政策金利を予想通り0.25%引き下げて3.5%としました。実質金利の低下とコロナの感染拡大に対して経済を刺激するための利下げでした。
27日にIMFは理事会を開き南アフリカに対する43億ドルの融資を決定しました。
ドルランドは16.3260付近がサポートとなり、16.78付近まで上昇しています。16.32付近がサポートとされればややランド安となり16.32~17.05のレンジが予想されます。

ZAR/JPY 日足BIDチャート

ランド円は22日に6.54円まで上昇しましたが、その後は下落トレンドとなっており6.203円まで下落しています。この付近に一目均衡表の雲の上限が位置し、ここがサポートされれば6.2~6.42円、下抜けした場合は一目均衡表の雲の下限が位置する6.08円付近への下落を予想します。
7月31日に貿易収支、8月3日に製造業PMI、国内自動車販売、5日に総合PMI、7日に外貨準備の発表があります。


【トルコリラの動き】

今週のドルリラは6.8455オープン、6.99クローズで2.11%の上昇、リラ円は15.468円オープン、15.018円クローズで2.91%の下落となりました。
ここまでトルコリラは無風状態が続き小動きになっていました。トルコがキプロスの領海付近でガスの掘削をしていることに対してEUが制裁を加えるという思惑からリラ売りが再燃しました。制裁はハイレベル協議の停止や来年のトルコ向け資金支援の停止といったものです。
これに対してトルコは反発しましたが、米国もガス掘削の停止要請ということでトルコは掘削を一旦停止すことを発表しました。
29日にトルコ中銀はインフレ報告書を発表し2020年末のインフレ予測を前回の7.4%から8.9%に、2021年末のインフレ予測を前回の5.4%から6.2%に引き上げました。
23日のトルコ中銀の政策金利発表では予想通り8.25%に据え置きました。声明では年末のインフレが上向いていることが原因としました。インフレリポートでインフレレの上昇が確認されたことで次回以降のトルコ中銀の利上げ期待が高まる可能性があります。
ドルトルコリラはレジスタンスになっていた6.88を上抜けして節目の7を完全に上抜けすると7.05付近への上昇を予想します。

TRY/JPY 日足BIDチャート

リラ円はサポートしていた15.40付近を下抜けして15円付近で推移しています。15円付近がサポートされれば15~15.40のレンジ、下抜けした場合は5月7日の安値14.61を目指す動きになるでしょう。
8月4日は消費者物価指数の発表があり注目されます。また製造業PMIの発表もあります。


【メキシコペソの動き】

今週のドルメキシコ22.2884オープン、22.21クローズで0.35%の下落、ペソ円は4.745円オープン、4.737円クローズで0.17%の下落となっています。
23日に格付け会社S&Pは国営石油会社ペメックスや国営電力会社CFEの債務の増加が止まらなければ投資適格を維持できない恐れがあると警告しました。S&Pの担当者によるとメキシコの債務はGDPの47%だが、ペメックスとCFEの債務を合わせると60%近くとなり投資適格の維持が難しくなると指摘しました。
昨日発表されたメキシコの第2四半期のGDPは前期比年率-18.9%となり前回の-1.4%から大幅に悪化しましたが予想の-19.5%は上回りました。
ドルメキシコペソはサポートされていた22.25ペソ付近を下抜けして21.849付近まで下落しています。ドル売りの流れを受けてペソも対ドルではやや堅調に推移しています。
21.25付近が上抜けしなければ21.50~22.25のレンジを予想します。

MXN/JPY 1時間足BIDチャート

ペソ円は一目均衡表の雲の下限が4.68~上限が4.825に位置しており、ここ2週間ほどはほぼそのレンジで推移しています。ドル円でドル安円高となっていますが、ドルメキシコペソも堅調に推移しているためにペソ円は狭いんレンジでの動きになっており、引き続きこのレンジ内の動きが予想されます。
8月3日に製造業PMI、6日に設備投資の発表があります。

※チャートは日足ベースでレンジを含め昨晩深夜までの動きとなります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ