FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

ドル下落の恩恵を受ける新興国通貨

2020年11月20日

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【トルコリラの材料と予測】

注目された昨日のトルコ中央銀行の政策会合で、予想通り政策金利の1週間物レポ金利を10.25%から15%に引き上げました。7日に就任したアーバル・トルコ中央銀行総裁の手腕に対する期待があり、今後金融政策の正常化と通貨防衛策への期待感からドルトルコリラは発表前の7.7リラ付近から7.4879リラに下落し9月14日以来のドル安リラ高となりました。
リラ円も13.30円から13.825円に上昇し9月24日以来の水準のリラ高となりました。
エルドアン大統領は今のところ中央銀行の姿勢を支持するスタンスでいます。しかし2014年1月、2018年5月、9月の大幅利上げの時もしばらくは中銀の姿勢を支持しましたが、通貨やインフレが落ち着いてくると金融緩和を要求し2019年7月にチェティンカヤ・トルコ中銀総裁が解任されました。
今回もエルドアン大統領の我慢がどこまで続くかがリラの上昇の鍵を握るかもしれません。
トルコをめぐる情勢は観光客の減少による経常収支の悪化、周辺国やユーロ圏、米国との関係の悪化など中央銀行の力では改善できない問題が山積みです。これらを片付けないとリラの本格的な上昇は見込めません。
ただ中央銀行が物価と通貨防衛に対して真剣に取り組み、それをエルドアン大統領が支持すれば、ここまでのスパイラルなリラ安は止まりじり高になると思われます。

USD/TRY 日足BIDチャート

ドルトルコリラは一時7.5リラを割れてリラ高が進んでいます。全般的なドル安の流れもリラのサポート材料になりますが、7.79付近に一目均衡表の雲の上限、転換線が位置し短期のレジスタンス、ここを超えると節目の8リラがレジスタンスと思われます。
一方で下のターゲットは7.4リラを抜ければ7.2リラ付近、中期的には7リラを下抜けできるかどうかがポイントです。

TRY/JPY 日足BIDチャート

リラ円は13.84円付近が戻り高値になっています。節目の14円~14.14円(6月の高値16.23~11月の安値11.999円の50%戻し)が重要なレジスタンスになります。ここを上抜けできれば61.8%戻しの14.64~14.80のゾーンへの上昇を予想します。
サポートレベルは今週の安値13.30付近、節目の13円が目途になります。


【南アフリカランドの材料と予測】

昨晩はSARB(南アフリカ準備銀行)も金融政策を発表し政策金利を予想通り3.5%に据え置きました。一部には利下げの予想もあり発表前には15.57ランドまでランド安が進む局面もありましたが、据え置き発表を受けて15.3761ランドに下落して終了しました。ただ据え置き3人に対して利下げ2人となり次回以降利下げの思惑がくすぶるかもしれません。
南アフリカの大手銀行が南アフリカの格下げのリスクを指摘しています。
格付け機関ムーディーズは南アフリカの中期予算計画に対して最近の弱い経済成長もあり懐疑的な見方をしています。
本日ムーディーズとS&Pの格付けに関するレビューが行われます。現在ムーディーズは格付けをBa1、見通しをネガティブにしています。ネガティブの場合は格下げの可能性もあり、本日のムーディーズのレビューが注目されます。
S&Pに関してはBBの格付け見通しは安定的ですが、見通しに関してネガティブに引き下げる可能性があり、いずれもレビューが注目されます。

USD/ZAR 日足BIDチャート

ただドルランドはリスクオンのドル売りの恩恵もあり先週は一時15.1999ランドと3月のコロナショック以前のレベル近くまでランド高が進みました。15ランド付近は3月のコロナショックまでレジスタンスになっていたレベルで、ここを下抜けしてランド高が進むのは難しいかもしれません。本日の格付けのレビューが悪ければ16ランド方向にランド安が進む可能性もあります。

ZAR/JPY 日足BIDチャート

ランド円はレジスタンスになっていた6.5円付近を上抜けしましたが6.895円と6.843円とダブルトップになっています。一目均衡表の基準線が位置する6.59円付近が短期のサポートとなっており、ここが維持できれば6.59~6.89円のレンジ、下抜けした場合は6.5円付近への下落を予想します。


【メキシコのペソの材料と予測】

17日に行われたサッカー国際親善試合で日本はメキシコに0~2で敗れました。前半は互角以上に攻めた日本ですが好機を生かすことができずに国際サッカー連盟のランキングで11位の強豪に27位の日本は敗れました。前半日本は好機が何度かありましたが決めきれませんでした。相場と同じで決めるべきところで決めないと勝てないという好例だったと思います。このレポートでも好機をお伝えできるように努めたいと思います。
さてメキシコペソはドル売りの恩恵もあり20.235パソと3月以来のペソ高、ペソ円も5.129円付近で推移しています。
世界的な金融緩和の状況で、メキシコ中銀が金利を据え置いたことで相対的に高い金利の魅力は健在なようです。また米大統領選挙でバイデン氏の当選が有力になるなかで対米関係の改善という期待もペソのサポート材料になっています。

USD/MXN 日足BIDチャート

ドルペソの20ペソ付近は2018年以降レジスタンスになっていたところで今年の3月に完全に上抜けしました。節目の20ペソが抜けるかどうか長期的に重要なレベルです。20ペソを完全に下抜けすれば18.50~20ペソのレンジにシフトする可能性もあり注目のレベルです。ここが下抜けできないようであれば20~20.70のレンジが想定されます。

MXN/JPY 日足BIDチャート

ペソ円でも5.2円付近は3月に下抜けするまで2017年以降サポートされていたレベルで、長期的に重要なレジスタンスとなっています。ここを上抜けできるようであれば5.2~5.5円のレンジにシフトすると思われます。
5.2円がレジスタンスになるようであれば5~5.2円のレンジが想定されます

レンジ・ピボットは昨日のニューヨーククローズまで

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ