マネパ投資塾を受講した人は93.7%が勝っています

※2019年1月2日~2019年12月31日までのCFD-Metalsの取引において、実現損益および評価損益増減の合計金額がプラスとなった口座の割合

2020年をマネパで勝とう

画像

マネパ投資塾って?

マネパの社長が始めた、マネパのお客様のための投資教室です。
受講料は一切いただきませんが、受講中はかならずご自身の資金で実際に「金/米ドル(CFD-Metals)」の取引をしていただくことが条件です。投資未経験の方でも、運営事務局より計算の仕方、注文の出し方、決済のルール等、おひとりおひとりの取引状況に合わせてしっかりサポートいたします。

画像

講師=社長は元・個人投資家

講師を務めるマネパ社長は、元々はお客様と同じ、いち個人投資家でした。ですので、投資に関するノウハウはもちろん、投資家が悩まされがちな心理などとどう向き合うかもフォローしていきます。

奥山泰全プロフィール:株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長。大物相場師であった林輝太郎氏に師事。同氏の薫陶を受けたチャート分析では国内数少ない継承者を自認。また、マネーパートナーズでは個人投資家時代の豊富な経験を活かし「マネパ投資塾」を開講。すでに300人以上の修了者を輩出。他に株式会社マネーパートナーズグループ(東証一部上場)代表取締役社長及びコイネージ株式会社(暗号資産交換業者)代表取締役社長CEOを兼務。

画像

なぜFXではなく金なの?

なぜ金/米ドルなのか、FXの会社なのに、どうして米ドル/円などのFX取引ではないのか。それは、「金の特徴が初心者向けである」こともありますが、何より大きな理由として「(FXは)社長(講師)が取引できないから」です。
お客様にご自身の資金で取引いただくからには、教える側もちゃんと自分自身のお金を使って取引をして、手法に責任を持たねばならない。けれど、残念ながらFX業者の社員にはFX取引を許されていないため、金/米ドル(CFD-Metals)での取引でご説明しています。

2014年にスタートした《マネパ投資塾》は、今年の7月で第30期をスタートします。
31期以降の開催も予定しておりますので、ご興味のある方はメール・電話にてお問い合わせください。
おひとりおひとりとしっかりコミュニケーションを取れるよう、少人数制を徹底しているため、
受講のご案内までにお時間をいただく可能性がございます。何卒ご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

03-4540-3953
(マネパ投資塾事務局直通)

メールでのお問い合わせ

マネパ投資塾
お問い合わせフォーム

CFDだけじゃない!勝つために、何をすればいい?
負けないための体質づくり」を解説!

FX版オンライン投資塾 奥山泰全のH2MMスタート
画像

負けない=及び腰、ではない

勝つためには、「負けないこと」が一番です。
けれど、それはリスクを取らずに消極的に取引しろということではありません。適切なリスクを計算し、負けないよう準備して、きちんと勝ちを重ねていく。マネパは、そんな資産運用を提唱します。
多くの投資家は情報ではなく、知識がないゆえに失敗します。商品特性や市場、また投資の技術などを学び理解することによって、ほとんどの方が資産運用として投資とうまく付き合っていくことが出来ると確信しています。
学ぼうとする方、努力しようとする方々の一助になれば。
ご参加をお待ちしております。

毎週金曜日に、メールマガジン形式でお届けします。
取引に関する課題も設けておりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

対象:当社に口座をお持ちの方
費用:無料
形式:HTMLメール

お申し込み

まだまだあります!
マネパはお客様の投資活動をサポートします

経験者の方におすすめ

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会