FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第434回 ~短期ドル高、長期ドル安~

2021年06月02日

 予想以上に円安の圧力は強い。ドルは弱くなっても、円には及ばずドル安・円安で推移した。

 ただ、この基調がいつまでも続くとは思えない。理由は後述するが、理由は、市場はあまりにも円安の流れの傾いているからである。気分的には、「人の行く裏に道あり花の山」である。

 クロスの相場展開は、いかにもわかりやすい。先週の予想と比較してもドル円は全く逆に行ったが、ユーロ、ポンドに対しては個人的には満足点である。英ポンドは1.4248と2018年4月半ば以来のポンド高・ドル安、ユーロはポンドほど強くならなかったが、それでも今年1月8日以来の1.2263まで上昇した。カナダドルにおいては、2015年5月半ば以来のカナダドル高となるほど、米ドル安が目立った。ドルインデックスは89.5台(5/25,5/26)と再び90割れとなり、反転の勢いは感じられない。反対にドル円は4月6日以来の110円台への円安、典型的なドル安・円安相場となった。

 この要因はいくつかあるが、まず日米一蓮托生説が背景にあるように思える。次いでドル円のドル長期金利の動きとの連動が強まっていることである。金利連動については、常時要因になっているわけでなく、定期的に強弱を繰り返しているので、常に有効性をフォローしていかなければならないが、現在は振幅の差はあるが、方向性は一致している。

 そして、金融政策変更への期待度の違いである。具体的には、テーパリングの開始時期への信頼度である。円に対しては、現在買う理由がない。低成長、低金利、資源もなく、人口減が続いている。ましてやワクチン接種遅れも大きい。テーパリングの「テ」の字も話題に上らない。一方欧州開発銀行(ECB),米連邦準備銀行(FRB)は、日銀より一歩進んでいる。

 ところで、議論として、中央銀行は、市場より先行すること(Ahead of the Curve)と、市場に追随すること(Behind the Curve)のどちらが望ましいか、がある。FRBについて言えば、経験的には議長に考え方によって異なっているが、以前は市場の先を行くことが中央銀行の役割(あるいは義務)の立場で、市場を誘導していくことが多かった。しかし現在のパウエル議長は、前者の立場を基本にしながら(昨年のパンデミック時の大幅な一気の金融緩和策の導入)、アベレージインフレターゲットなどのように政策目標の透明化を用いるなど、後者の立場で政策変更を行っていると推測している。

 そして、今月6月は中央銀行の政策決定会合の月である。特に米FOMC(6/15-16)の議論の中身が注目される。細かくは、議事録の発表を待たれるが、声明文と同時に発表される経済見通し、ドットチャートでまず想定できる。そのうえで最終日(6/16)の午後に行われるパウエル議長の記者会見で議論の中身を垣間見ることができる。それまではFRBの理事や、地方連銀総裁の発言を注視していくことになる。例えば、昨日はプレイナード理事のインフレに対する発言(インフレ期待を注意深く監視など)があった。

 期待が盛り上がっている分、結果が予想とちがう場合の反動は大きい。その点で、円安よりも円高に動いたときに振れ幅は大きくなる。その第一弾が今週の米雇用統計である。予想は、非農業部門雇用者数(NFP)は、プラス65-70万人(先月は+26.6万人)、失業率が5.9%(同6.1%)である。今月のNFPは先月が少なかった分、改訂も含めて100万人に近い増加になると予想している。そうなった場合の最初の反応は、ドル高/円安となるだろう。

 さて、今後1週間の相場見通しは、ドル円は、円安の109.00~110.50円と予想。またユーロは、対ドルでユーロ安の1.2100~1.2300、対円では先週と変わりなく132.50~134.50円と予想。また、英ポンドはコロナ感染沈静化を背景にポンド高の、1.4050~1.4300と予想している。

(2021/6/2, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会