FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第767回 米株高でリスクオンのムードがドル/円の戻しに加勢

2021年07月26日

 前回更新分の本欄では、ドル/円について「109.00-10円処まで下値を試しに行く可能性もあろう」と述べたが、実際、先週19日には一時109.07円まで下押す場面を垣間見た。同水準は、4月安値から直近高値までの上げに対する61.8%押しの節目であり、また一目均衡表の日足「雲」下限が位置するところである。
 ドル/円がそこまで一時的に値を下げたのは、19日のNYダウ平均が前日終値比で一時900ドル超の下げとなったことを受けて米10年債利回りが一時1.20%を割り込む水準まで低下したことにあったが、これはいくらなんでも行き過ぎである。市場では「デルタ株の感染再拡大で景気回復ペースへの懸念が強まっている」などといった声も聞かれていたが、それは後付けの講釈に過ぎないと言えよう。
 どう考えても、1.10%台という米10年債利回りが米国の景気実態を正しく反映しているとは思えない。なにしろ、米国では今夏の旅行関係支出がコロナ前の2019年同時期に比べて5割増えると見込まれているのだ。いわゆる「リベンジ旅行」が急増し、人気のハワイ州ではマウイ市長が「(旅行予約受付の)一旦停止が必要」と叫んでいる。また、英国で19日から大部分の行動規制が解除されたことも既知のとおりである。

 市場関係者のなかには、米国の中小型株指数である「ラッセル2000」が5月半ばに直近高値をつけてから頭打ちの状態となっていることをして、「米国の景気回復はピークを過ぎた」などと解釈する向きもあるようだが、それも大いに疑わしい。同指数は、昨年秋ごろからNYダウ平均やS&P500指数などを大きくアウトパフォームしていため、足元で当然の調整が入っているに過ぎないと個人的には考える。
 日々発表されている米主要企業の4-6月期決算は、事前の市場予想を上回る好結が相次いでおり、結果として先週23日のNYダウ平均は史上最高値を塗り替えるに至った。やはり、基本的にはリスクオンの大きな流れが継続しているわけで、実際、先週末にかけてはドル/円も再び21日移動平均線(21日線)を上抜ける強い動きとなった。
 先週21日に日本株は4連休前の取引を終えたが、その後にNYダウ平均は合計で550ドルほどの上昇を見ている。そして、その間にCME日経平均先物は500円ほどの値上がりとなった。この週明けの日経平均株価は、とりあえず2万8000円台回復にトライするものと見られ、調整一巡から切り返す動きが鮮明になってくれば、あらためて市場にはリスクオンのムードが広がりやすい。
 むろん、それはドル/円の戻りに加勢することとなろう。さしあたり、ドル/円は7月14日高値=110.70円処を試し、上抜ければ111.00円台乗せに再びトライすることになると見る。少し長い目で見れば、7月2日高値=111.66円を試しに行く可能性も大いにあると見ていいのではないか。

 一方、ユーロ/ドルは前回更新分の本欄で述べたとおり、なおも昨年11月安値と今年3月安値を結ぶサポートラインを試す状況を続けている。上値は21日線に押さえられ続けており、遅かれ早かれ前記のサポートラインを下抜ける可能性が高いと見る。
 既知のとおり、先週はECB理事会が行われ、先行きの政策指針である「フォワードガイダンス」が変更された。新ガイダンスは「景気を支えるために粘り強く緩和を継続することを約束する」という事前予想通りの内容でサプライズはなかったが、今後しばらくユーロの上値を押さえることにつながりやすい内容であったことは確かである。
 6月のFOMC以来、ユーロ/ドルの下げトレンドは継続しており、目下は前述のサポートラインとともに1.1750-60ドル処の節目が意識されやすくなっている。これをクリアに下抜けると、まずは3月安値の1.1704ドルが試され、同水準をも下抜けると1.1650-060ドル処の節目まで一気に下押す可能性も十分あると見る。

(07月26日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会