マネパFX情報室

西本豪のFX初心者⇒中級者の教科書
FXでなぜ負けるのか理解する?

2021/09/16
FX初心者の皆様の中には、「どうして私はトレードで負けるのか?」や「こんなに勉強したのになぜダメなんだろう?」と悩んでいらっしゃる方も少なくありません。

そこで今回はFX初心者の皆様がなぜ負けるのか?その理由をご紹介させていただくと共に、『FXにおいてなぜ負けるのかを理解する大切さ』についてご紹介させていただきたいと思います。
今回も長いお話になるかと思いますが、よかったら最後までお付き合いいただければと思います。

ストップやトレード手法じゃない

FXトレーダーや投資のプロの皆様に、心理学者のダニエル・カーネマン氏の著書である『ファスト&スロー』のお話をすると嫌な顔をされます。

と言うのも、投資のプロとして活躍していらっしゃる方々の投資結果は、素人が目をつぶったままサイコロを振って出た目で投資するのと結果に大差がないということを証明しているためです。

つまり、ここで何が言いたいかと言いますと、『ストップやトレード手法に皆様の負けの要因は無い』という事です。

既に基礎は学んでいらっしゃる

おそらくこちらにいらっしゃる皆様は、私の過去の投稿なども参考にしていただき、一般的な初心者トレーダーと比較しても、かなり投資スキルが高い方々が集まっていらっしゃるかと思います。

ただ、それなのになぜ負けてしまうのでしょうか?

それは、皆様が考えていらっしゃるストップの位置やトレード手法には、負けの原因が無いためです。

それでは一体負けの要因はどこにあるのでしょうか?

勝ったトレードの真実とは?

ダニエル・カーネマン氏の研究によると、プロ投資家として活躍していらっしゃる方々の投資の多くは、『運のみに左右されている』と語っています。

その証明として、有名な投資会社のトレード結果が、一見してコンスタントに良い成績が出ている様に見えても、その多くは運や時勢が変われば、そのまま飲み込まれてしまって、素人と比較して、特筆すべき良い結果を出せる投資専門家がほとんどいないことを突き止めたためです。

しかしながら、優秀な投資家は幅広い知識を持ち、素人と比較しても圧倒的なトレード技術も持っています。

それなのになぜ、素人投資家と比較して大きな差が出ないのでしょう?

その要因をカーネマンは「プロの投資家は自分の分析した結果が相場に織り込まれているかどうか?を研究していなかったため」と回答しています。

さらに、プロトレーダーの弱点として、勝っているトレードに関しても、実際そのまま利益確定をせずにポジションを持ち続けていた方が利益が出ることが多かったことに言及しています。

勝ったトレードに負けの理由あり

つまり、初心者トレーダーから中級者トレーダーになるためには、自身の負けトレードだけでなく、勝ちトレードについても自分の相場予想と市場の織り込み具合を研究し、さらに「利益確定をしたポイントが本当に正しかったのか?」を振り返らなければいけないと言う訳です。

勝ったトレードを振り返ることは、折角の勝利の余韻を一瞬で消し去ってしまうようなことさえある、トレーダーにとって非常に苦しい拷問のような時間になります。

負けたトレードなら反省する意味もあるのですが、勝ったトレードで儲け損なった分が有るか無いかを振り返るのは辛く、ほとんどの方はやっていないと思います。

負けないために利を伸ばす

そこで最後に「どのようにして勝ちトレードを振り返れば良いのか?」というお話をさせていただきたいと思います。

守りか攻めか?

まず勝ちトレードといっても、『守った上で勝ったトレード』か『攻めに行って勝ったトレード』か?の2種類があるはずです。

守った上でのトレードと言うのは、トレード中に利益が出ていたが、相場状況が変わり損失が拡大する事が予想されため、微益で已むを得ず撤退したトレードのことです。

一方で、攻めに行ったトレードというのは、キッチリ最後の狙ったところ(指値)まで、利益を得ることができたトレードのことを指します。

この両者のどちらかに「FXでなぜ負けるのか?」その要因が隠れています。

特に、トレーダーの多くが知っている『頭と尻尾はくれてやれ』という相場の格言に心とらわれてしまい、早期の利食い(利益確定)になってしまっているケースが多くあるはずです。

先ずは、そのトレードを徹底的に見直すことが重要です。

また、微益で勝ちトレードとして確定しているトレードに関しても、相場が変わったと言うのは思い込みで、「ただ、利益が減っていくことに自分自身の精神が耐えられなかっただけではないのか?」というところも振り返っておいて頂けたらと思います。

まとめ

さて今回はFX初心者の皆様にFXでなぜ負けるのかと言う話をさせていただきました。

現在のプロ投資家は、自身の予想した相場展開と現在の相場の織り込み具合についての分析も確実に行っています。

もし、その分析について気になりましたら以前お話しさせていただいた以下の記事を参考にして頂けましたら幸いです。

●参考
FX初心者がマーケットのギャップから相場を分析する方法

もしかしたらFX初心者の皆様にとって役に立つことがあるかもしれません。

そして今回も最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

口座開設
【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
西本豪

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

27歳でカナダで留学生向けのサービス会社を設立。
現在は、株式会社Childishの代表取締役としてココア留学・人材育成事業・IT広告事業・海外永住権・音楽家のサポート事業などを兼任しながら、投資家としても活動するマルチタスカー。

株式会社Childish
FX初心者の外為入門

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会