FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

新型コロナウイルス・緊急事態宣言を受け(当社代表 奥山)

公開日:2020年04月08日

平素はマネーパートナーズをご愛顧いただき誠に有難うございます。
新型コロナウイルスの感染拡大におきまして罹患された方々、生活に影響を及ぼされている方々に心よりお見舞い申し上げます。

4月7日夕、新型コロナウイルスの感染拡大抑制を目途として日本において初となる緊急事態宣言が発令されました。
またこれに伴い当社が所在する東京都におきましても、これまでの自粛要請から一段危機レベルの高い特別措置法が執行される見込みとなっております。

各国が封鎖措置や外出禁止を指示する中、本日現在で世界においては判明している感染者数が142万人超、また死者数も8万人を超え、その猛威はさらなる拡大の懸念こそあれ、終息の兆しさえ見えない状況です。

日本国においては国民皆保険制度のもと充実した医療制度の中において国、地方自治体による行動自粛の呼びかけに呼応する多くの国民の節度ある行動により、これまでのところ感染者数及び死亡者数は世界に比べ相対的に低く推移しております。

しかしながら、直近の緊急事態宣言発令の契機ともなる感染経路不明の感染者数の急増により、今回の新型コロナウイルスに対する国民一人ひとりの対応は、より一層の行動自粛が求められる状況となっています。

現時点では、決め手となる治療方法がない中、感染の直接的な原因も不明瞭であり、世界的には「social distancing(社会的に距離をとる)」という行動が推奨されております。
日本においても「密閉・密集・密接」のいわゆる3密を避けると共に不要不急の外出自粛、手洗い・消毒・マスク着用などの衛生に気を配る行動が勧められております。
自分が無症状の感染者かもしれないという仮定に立ち、相手が大切な人であればあるほど我々個々の誠意ある対応が相手の為になると考えるべきではないかと思います。

より一層の正確な情報や、正確な対処方法、そして今事態の終息の見通しが望まれるところではありますが、現状では、まず個々において出来ることを確実に行っていく以外に妙薬はないと思料しております。
お客様におかれましても様々な施設の時間短縮や休業、個々の行動自粛・在宅によるストレスの増大等極めて困難な状況であると思われますが、何よりも第一に生命の安全を確保するべく正確な情報収集の上で、政府・行政の指示・要請を踏まえ適切に対応なさることを心よりお願いするものであります。

皆様の生命の安全を第一とし、その上で、当社は以下のように考えております。
社会における生産活動や所得活動が著しく停滞・停止してしまうことは企業・個人において甚大な問題です。
生命の安全の次に、個々の経済主体がこの窮状を乗り越えていけることを強く願うものです。
社会生活のインフラである金融システムの一端を担う者として、当社は、お客様の資産をお預かりし資産運用や決済のサービスを提供していることを重く受け止め、お客様に対して可能な限り誠実に業務を継続する努力を行っていく所存であります。

在宅勤務などへのシフトに伴う問い合わせ時間の変更や、市場の不安定化によるスプレッドの拡大などご不便をおかけしている点は多数ございますが、お客様におかれましては何卒ご理解をいただければ幸いでございます。

今後ともマネーパートナーズを宜しくお願い申し上げます。


2020年4月8日
株式会社マネーパートナーズ
代表取締役社長 奥山泰全




参考リンク

※「新型コロナウィルス感染症拡大に伴う対応につきまして」(当社)
https://www.moneypartners.co.jp/news/normal/2020/1199711_3949.html

※「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10709.html

※「新型コロナウイルス拡散の遺伝的解析と状況報告」Nextstrain
https://nextstrain.org/narratives/ncov/sit-rep/ja/2020-04-03

※「世界の新型コロナ感染状況」ジョンズ・ホプキンス大学
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6


このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マネーパートナーズからのお知らせ > お知らせ > 2020年のお知らせ > 新型コロナウイルス・緊急事態宣言を受け(当社代表 奥山)