新規・決済同時発注機能で上手にリスク管理

新規・決済同時発注機能

新規注文と同時に決済注文を発注することができます。
決済注文の利食い・損切り(指値・逆指値)を設定することでリスク管理もカンタンです。

決済同時発注設定画面

各決済設定について

利食い設定 - 目標利益幅での決済を予約する場合は、利食い設定を行います。「利食い」をチェックし、目標利益幅をpipsで指定します。

損切り設定 - お客様が、許容する損失幅をあらかじめ決めておき、それ以上の損失が出ないよう決済を予約したい場合、損切り設定を行います。初心者の方には特におすすめする機能です。「損切り」をチェックし、許容損失幅をpipsで指定します。

必利食い・損切り同時設定(OCO) - 利食い、損切り両方を設定することも可能です。利食い、損切りのどちらかが成立すると、もう片方は自動的に取り消されます。

※pipsとは、取引レート(値段)の単位です。1pipsは金/米ドルの場合に0.1米ドル、銀/米ドルの場合に0.001米ドルとなります。
例)金/米ドルでのお取引の場合、10tozを保有している状態で200pipsレートが変動すると200米ドルの利益または損失となります。

リスク管理に

取引において、利食いと損切りのバランスは非常に大切です。自分の取引スタイルや投資資金から目標利益幅、許容損失幅を決め、感情に流されずに利食い・損切りを行うことが成功への第一歩です!

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > CFD > 取引ツール > クイック発注ボード > 新規・決済同時発注機能で上手にリスク管理