REIT(不動産投資信託)

REITとは?

REITとは多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設などの複数の不動産を購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。
「Real Estate Investment Trus」の頭文字をとってREIT(リート)と呼ばれています。

REITの特長(魅力)

特長① 少額から不動産投資が可能
特長② 安定した利回りが見込める
特長③ FXの証拠金にも使える

REITの魅力は、なんといっても少額から不動産投資が可能。実物の不動産投資を行う場合多額の金額が必要となりますが、REITの場合は不動産を証券化しているので、銘柄によっては10万円程度の少額からお取引頂けます。なお、通常不動産の価値は物価に連動する傾向があることからインフレに強いと言われており、REITは比較的インフレに強い商品であるともいわれております。
また、長期に安定した賃料収入が得られる不動産を投資対象にしているため、収益の予想がしやすく、安定した利回りが見込めます。
もちろん、REITは代用有価証券サービスの対象ですので、当社取扱い銘柄であれば、パートナーズFXの証拠金としてご利用いただけます。他社からの移管入庫も可能です。
※ 対象銘柄は、当社証券取引対象銘柄に準じます。詳しくはログイン後の証券取引画面からご確認ください。

どんな銘柄?

REITの主な投資対象としては、不動産ですが、その用途や所在地は多岐に渡ります。
主な投資対象としては、オフィスビル、住居、商業施設、倉庫、物流施設、ホテルなどが挙げられます。投資対象を特定の不動産に投資するのか、それとも複数の不動産を組み合わせるのかによって、「特化型」、「複合型」に分かれます。

たとえば、日本ビルファンドマネジメント(株)が運用する「8951 日本ビルファンド投資法人 投資証券」は、首都圏のオフィスビルへの投資に特化したオフィス特化型であり、資産規模は1兆円を突破しているREITの代表銘柄です。

また、平和不動産アセットマネジメント(株)が運用する「8966 平和不動産リート投資法人 投資証券」は、東京都を中心としたオフィスビルと住居に投資する複合型で、【取引所の大家さん】でお馴染みの平和不動産がスポンサーとなっております。

さらに、(株)ミカサ・アセット・マネジメントが運用する「8986 日本賃貸住宅投資法人 投資証券」は、日本全国の賃貸住宅に投資する住宅特化型で、10万円程度の小額から取引することができ、当社でも保有口座が多い銘柄です。

当社取扱い銘柄一覧表[96KB]
※各銘柄の詳細や目論見書等は、日本取引所グループWEBサイト をご覧ください。

REIT取扱い銘柄の一例

投資対象 銘柄(コード)
特化型 オフィスビル 日本ビルファンド投資法人 (8951)
商業施設 日本リテールファンド投資法人 (8953)
物流 日本ロジスティクスファンド投資法人 (8967)
住居 日本賃貸住宅投資法人 (8986)
複合型
総合型
商業施設+物流 野村不動産マスターファンド投資法人 (3462)
オフィス+住居 平和不動産リート投資法人 (8966)
オフィスビル+商業施設+住居 森ヒルズリート投資法人 (3234)

REITはこんな方にオススメ!

少額の資金から不動産投資を始めたい方に

今までは不動産投資といえば多額の資金が必要でしたが、REITは、銘柄によっては、10万円程度の少額からお取引頂くことができます。

利回りを安定させたい方に

長期に安定した賃料収入が得られる不動産を投資対象にしているため、収益の予想がしやすく、利回りが見込める商品ともいえます。また、利益の大半を配当として出す仕組みから、安定した利回りが見込めると考えられます。

FX証拠金の投資効率を高めたい方に

REITの投資対象である不動産は通常物価に連動する傾向があることから、インフレに強い投資対象として期待することができ、長期投資にも効果的です。よって、担保価値としても期待でき、代用有価証券として、長期で安心して保有いただける商品ともいえます。
※REITの価格が下落することで、代用有価評価額が目減りする恐れがございますので、証拠金には十分余裕を持って、ご利用ください。

REIT取引における注意点

REITが保有する不動産は、不動産市況や金利情勢の変化等により、不動産評価額の変動やその不動産の入れ替え等が運用成果に影響を与え、REITの価値が大きく変動する可能性や、投資元本を割り込む恐れがあります。
関連する法令の変更によっては、保有している不動産等やリートの価値が影響を受ける可能性があり、当初予定していた経済効果が得られないことがあります。
実物資産である不動産を投資対象としているので、予想不可能な地震や火災などの自然災害が発生すると、REITの価値や分配金に影響を受ける可能性があります。

その他のREIT取引の概要や、注意点につきましては、日本取引所グループWEBサイト をご覧ください。