金・銀取引の魅力!

カンタン取引で、収益チャンスが多い!

[Point 1] ボラティリティ大きく、期待収益額高い!収益チャンスにあふれます!

売りと買いの差額で利益獲得を目指す差金決済取引では、ボラティリティ(価格変動率)が大きければ大きいほど、収益チャンスも高まります。当社の金・銀取引ではボラティリティがFXに比べて約2~3倍と大きく、そのため、証拠金1万円から算出される期待収益額もFXに比べて約2倍ととても高くなっています。
価格変動が大きければ、当然リスクも高くなっている事は無視できません。しかし充実の決済同時発注などでリスクを最小限に抑えつつ、高いリターンを狙うことが可能です。

ボラティリティはFXの約2~3倍!期待収益もFXの約2倍!

※1 : 2013年1月2日~12月31日の期間において、(高値-安値)÷終値の式で価格変動率を算出、さらに調査期間中の
平均値を算出。
※2 : 2013年1月2日~12月31日の期間において、(高値-安値-スプレッド)×取引単位×円転レート÷必要証拠金×10000の
式で期待収益額を算出、さらに調査期間中の平均値を算出。なお、この数値は期待収益を算出したものであり、
同等の損失となる可能性もあります。

[Point 2] 簡単・便利な取引ツールでサクサクトレード!

FXで好評をいただいている「クイック発注ボード」が金・銀取引でもご利用いただけます。テクニカルチャートや取引余力・証拠金維持率などのステータスを見ながら、ワンクリックで発注ができます。

[Point 3] FXとほぼ取引ルールが同じでシンプル!

売りからも買いからも取引が可能で、FXと同じ差金決済取引となり、仕組みはほぼ同一です。

CFD-Metals パートナーズFX
取引形態 店頭相対取引
手数料 無料
取引時間 22時間※1 24時間※1
銘柄数 2銘柄すべてスポット(現物)
金/米ドル(Gold/USD)、
銀/米ドル(Silver/USD)
13銘柄
レバレッジ 約20倍まで 約25倍まで
追証/ロスカット 有り
現受け 無し 有り
スワップポイント 有り

※1 土日、メンテナンス時間を除く。

収益チャンスにあふれる金・銀

各銘柄の終値を指数化した比較チャートをご覧ください。金/米ドル・銀/米ドルの価格は、米ドル/円に対する「逆相関」であることが 分かります。つまり米ドル/円が上昇すれば金/米ドルが下がり、米ドル/円が下落すれば金/米ドルが上がることがよくあることだと読み 取れます。
もちろん、それぞれの銘柄が個別の要因によって変動することもありますが、「逆相関」を手がかりとした収益チャンスが訪れると言える のではないでしょうか。

収益チャンスに溢れる金・銀

さらに、比較チャートからはもう一つ面白い情報が読み取れます。このチャートは2013年1月2日の終値を「100」として指数化し、その後の終値がどのように遷移したかを表したものですが、どのくらいの値幅があったのかを読み取ることも出来ます。米ドル/円は最大値が「120」であり、20%の価格上昇に対して、金/米ドルは「70」であり、30%の価格下落となっています。

ここで重要なことは、上昇や下落ではなく、その変動幅です。FXもCFDも差金決済取引ですから、「高い時に売り(新規)、安くなったら買う(決済)」ことで収益を得ることができます。変動幅が大きいということは、大きな収益機会に恵まれることでもありますね。しかも、銀/米ドルなら40%の価格下落です。大きなチャンスがありそうですね。

しかし、大きな収益機会は、大きな損失機会でもあり、リスクを抑えて取引を行なうことが重要です。
マネパのCFD版クイック発注ボードなら決済同時発注機能を使って、新規取引と同時に利食いと損切りの注文を行なうことができますので、リスクを抑えやすくなります。