FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

お客様サポート

スタートアップガイド

スタートアップガイド 5-3.CFDに関する税金/確定申告

CFDで発生した利益は課税対象です。CFDに関する確定申告のポイントについて解説いたしますので参考になさってください。

※本項目は個人を対象とした確定申告の解説ページです。法人の場合は手続きが異なりますので、ご注意ください。

確定申告とは?

CFDで発生した利益は課税対象です。

確定申告 = 一年間に納めるべき所得税の額を確定させる納税の手続き

納めるべき税金の額を確定させるため、自らの1年間(1月1日から12月31日まで)の所得と、それに対する所得税額を計算し、書類に書き込んで決められた期日までに納税地の税務署長に申告するための一連の手続きをさします。
国税庁ホームページ

このページの先頭へ

CFDの確定申告って?

CFDでは、1年間に確定した利益が課税対象となります。全ての取引をもとに、必要経費などを勘定して所得が算出されますが、その基本となる計算方法をご紹介します。

CFDへの税制と確定申告の仕組みを元に、所得金額の算出方法や必要経費について見ていきます。
会員専用サイトからCFD-Metalsのクイック発注ボードよりダウンロードできる期間損益報告書の【実現損益】欄、「日本円で計算される損益」の「実現損益内訳」の合計金額を年間利益として確定申告の用紙にご記入ください。

CFDで得られる収益には、大きく分けて売買で得た決済損益と、スワップポイントによる収益があります。確定申告を行う際には、その年の1月1日から12月31日までに決済が終了した取引にて発生した決済損益とスワップポイントにより発生した収益の両方を合計した金額が収益として申告の対象になります。当社では決済しなければ損益は発生しません。

※なおCFDの確定申告の仕組みは店頭FXと同じとなりますので、CFDに置き換え【税金/確定申告について】をご確認ください。

※2012年1月以降のお取引より、店頭FX/CFD取引と市場デリバティブ取引を行った場合は、その損益も合算します。(他業者での取引も含みます) 詳しくは 【店頭FX税制のポイント】をご覧ください。

このページの先頭へ

期間損益報告書の入手方法

CFD-Metalsでは、期間損益報告書は画面上からPDFファイルにてダウンロードしていただくことが可能です。以下に、その操作手順を説明いたします。

任意の期間で報告書をダウンロードする場合の操作手順

このページの先頭へ

期間損益報告書の見方

期間損益報告書はPDFファイルにてダウンロードできます。
出力された「期間損益報告書」の【実現損益】欄、「日本円で計算される損益」の「実現損益内訳」の合計金額を年間利益として確定申告の用紙にご記入ください。
またパートナーズFXやパートナーズFXnanoおよびCFDをお取引されている場合は全ての損益を合算してください。それがプラスになる場合は確定申告する必要が生じる場合があります。

※2012年1月以降のお取引より、店頭FX/CFD取引と市場デリバティブ取引を行った場合は、その損益も合算します。(他業者での取引も含みます)

期間損益報告書


(1) 実現損益

ポジションを決済する等、実際に確定させた利益及び損失の合計額

■ 期首/期末の受入証拠金残高
期首及び期末時点での受入証拠金残高です。
■ 振替・移動
当該年度に行った証拠金の振替・移動の合計額。
■ その他
振込以外での入出金合計額(例:当社のキャンペーンによる入金)。
CFDのキャッシュバックは、会員残高(未使用分)に入金されるため、パートナーズFXの期間損益報告書に記載されます。

(2) 実現損益内訳
■ 決済損益
保有ポジションの決済により確定した損益合計金額です。
■ スワップ
保有ポジションの決済により実現したスワップポイントの損益合計金額です。
■ 取引手数料
売買取引にかかわる取引手数料は、新規注文、決済注文ともに無料です。

(3) キャッシュバック及びキャンペーン賞金
CFDのキャッシュバックは、会員残高(未使用分)に入金されるため、パートナーズFXの期間損益報告書に記載されます。

税金/確定申告について
店頭FX税制のポイント


このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > お客様サポート > スタートアップガイド > 税金/確定申告について > スタートアップガイド 5-3.CFDに関する税金/確定申告