お客様サポート

スタートアップガイド

テクニカル分析

ピボット・ポイント (Pivot Point)

考案者:J.W.ワイルダー(Welles Wilder)

考え方

日々の相場変動は、ピボット(回転軸)を中心に振幅すると仮定した手法。

計算式

ピボットプライス(P:Pivot Price)=(H+L+C)÷3
H:前日高値、L:前日安値、C:前日終値

D1=H-P:高値とピボットの差
D2=P-L:安値とピボットの差
D3=H-L:高値と安値の差

HBOP(High Break Out Price上方ブレークアウト)=P+D2+D3=2P-2L+H
R2(上値抵抗2:レジスタンス)=P+D3=P+H-L
R1(上値抵抗1:レジスタンス)=P+D2=2P-L
ピボット(P)=(H+L+C)÷3
S1(下値支持1:サポート)=P-D1=2P-H
S2(下値支持2:サポート)=P-D3=P-H+L
LBOP(low Break Out Price下方ブレークアウト)=P-D1-D3=2P-2H+L

※支持線・抵抗線にそれぞれ、1,2とありますが、これは、第1関門、第2関門という風に考えて下さい。

取引ルール

【逆張りで使用】
・支持線(S1・S2)で買い⇒LBOPを下抜けたら損切り・手仕舞い
支持線付近では、買い圧力が強い、という仮定の下に、「買いポジション」を作り、利食い売りは抵抗線付近、損切りはLBOPになります。

・抵抗線(R1・R2)で売り⇒HBOPを上抜けたら損切り・手仕舞い
抵抗線付近では、売り圧力が強い、という仮定の下に、「売りポジション」を作り、利食いの買戻しは支持線付近、損切りはHBOPになります。

【順張りで使用】
・HBOPで買い⇒抵抗線を上抜けて上昇トレンドが始まったと想定します
・LBOPで売り⇒支持線を下抜けて下降トレンドが始まったと想定します

ピボット・ポイント売買シグナル

ピボット・ポイント売買シグナル2

※当ページにて紹介している取引ルールや売買シグナルは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに(株)フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

Copyright(C) FISCO Ltd. All rights reserved.


このページの先頭へ