FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替(各国通貨ペア情報)

  • ユーロ/ポンド情報
  • ユーロ通貨情報
  • ポンド通貨情報

チャート

ユーロ/ポンドロングチャートクリックすると拡大します


スマートフォンアプリ「HyperSpeedTouch / nano」では、リアルタイム更新のレート、チャート情報をご覧いただけます。
マネーパートナーズの口座をお持ちでない方も無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

EU(欧州連合)の概要

経済的な統合を中心に発展してきた欧州共同体(EC)を基礎に、欧州連合条約(マーストリヒト条約)に従い、経済通貨統合を進めるとともに、共通外交安全保障政策、司法・内務協力等のより幅広い協力をも目指す政治・経済統合体。国家主権の一部の委譲を前提に、域外に対する統一的な通商政策を実施する世界最大の単一市場を形成し、政治的にも「一つの声」で発言する等、従来の国際機関等とは全く異なるいわば国家に準ずる存在。

加盟国はベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタ、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、フィンランド、スウェーデン、英国で、2013年7月にクロアチアが加わり計28ヶ国となった。

そのうちユーロを導入しているのはアイルランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、、キプロス、ギリシャ、スペイン、スロバキア、スロベニア、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、マルタ、ラトビア、、リトアニア、ルクセンブルクの19ヶ国(2015年1月1日時点)。

経済情勢

主要機関
1. 欧州理事会
(政治レベルの最高協議機関)
EU各国首脳、欧州理事会議長及び欧州委員会委員長により構成(通常年4回開催)。欧州連合の発展に必要な原動力を与え一般的政治指針を策定する。共通外交安全保障政策の共通戦略を決定。
2. 閣僚理事会(決定機関) EU各国の閣僚級代表により構成されるEUの主たる決定機関(総務・対外関係理事会、経済・蔵相理事会等、分野毎に開催される)。
3. 欧州委員会(執行機関) 加盟国の合意に基づき欧州議会の承認を受けた委員で構成(各国1名の計28名、任期5年)。省庁に相当する「総局」にわかれ、政策、法案を提案、EU諸規則の適用を監督、理事会決定等を執行。
4. 欧州対外活動庁
(執行機関)
リスボン条約に基づき2011年1月に正式発足した、EU版外務省。職員は、欧州委員会、EU理事会事務局、加盟国政府関係者から構成される。組織は、役員会(Corporate Board)の下に、地域・機能毎にわかれた局があり、EUの外交政策を立案、執行する。
5. 欧州議会
(諮問・共同決定機関)
諮問的機関から出発し次第に権限を強化、特定分野の立法における理事会との共同決定権、EU予算の承認権、新任欧州委員の一括承認権等を有する。定員は751名(2019年まで)、比例代表制(定員は各国の人口に配慮し配分、各国国内選挙法に基づき実施)により選出(前回選挙:2014年5月)。
6. 欧州司法裁判所 EU法体系の解釈を行う欧州連合の最高裁。憲法裁判所、国際裁判所、行政裁判所、労働・普通裁判所としての機能を併せ持つ。加盟国の合意により任命される28名の裁判官と8名の法務官(いずれも任期6年)により構成。加盟国の国内裁判所で提起されたEU法上の問題について「先行判決」を下す制度を有する。第一審裁判所もある。
7. その他 欧州中央銀行(本部:フランクフルト)、欧州会計検査院(本部:ルクセンブルク)、経済社会評議会(本部:ブリュッセル)、地域評議会(本部:ブリュッセル)、欧州原子力共同体(本部:ブリュッセル)、欧州投資銀行(本部:ルクセンブルク)等が存在。

出典:外務省HP

このページの先頭へ

経済情勢と経済データ

主要貿易相手国経済が減速し、ユーロ安といったプラス要因が薄れていく中で、欧州の経済成長は穏やかなものに留まると見込まれる。2016年においては、ユーロ圏の財政政策が経済成長を支えると期待される一方、実質可処分所得の拡大は、原油価格が再び上昇へと転じる中で次第に弱まっていくと考えられる。また、輸出はこれまでユーロ安の恩恵を受けてきたが、最近のユーロ高により、域外経済減速の影響をより強く受ける可能性がある。

 成長率にバラつきがあるものの、全ての加盟国で2017年まで成長が続くと見込まれる。

(2016年5月、欧州委員会2016年春の経済見通しを基に作成)

一般事情
総面積 429万平方キロメートル(日本の約11倍)
総人口(2015年) 5億820万人(Eurostat、暫定値)(日本の約4倍)
経済
1. GDP 16兆2,204億ドル(2015年)
2. 一人当たりGDP 37,852ドル(2015年)
3. 主要経済指標
(2016年5月、欧州委員会2016年春の経済見通し)
2013年 2014年 2015年
見通し
2016年
見通し
2017年
見通し
実質GDP
成長率
0.2% 1.4% 2.0% 1.8% 1.9%
インフレ率 1.5% 0.5% 0.0% 0.3% 1.5%
失業率 10.9% 10.2% 9.4% 8.9% 8.5%
財政赤字
(対GDP比)
-3.3% -3.0% -2.4% -2.1% -1.8%
4. 貿易総額(EU28か国) (1)輸出 1兆7,907億ユーロ(2014年、EU域外)
(2)輸入 1兆7,265億ユーロ(2014年、EU域外)
5. 主要貿易相手国・地域(2014年) (1)輸出 米国(20.7%)、中国(9.5%)、スイス(8.4%)、トルコ(4.4%)、ロシア(4.1%)、ノルウェー(2.7%)
(2)輸入 中国(20.3%)、米国(14.4%)、ロシア(7.9%)、スイス(5.9%)、ノルウェー(4.3%)、トルコ(3.6%)、日本(3.5%)
6. 財政 予算額(2015年)約1,550億ユーロ
 出展:外務省HP

このページの先頭へ

政策金利(定例オペ金利)

ユーロ圏の政策金利は、EUの機関の一つである欧州中央銀行(ECB)が原則毎月第1,第3木曜に開くECB理事会で決定されます。

欧州中央銀行の概要

役員会:役員会は、総裁、副総裁、理事(4名)から構成(合計6名)。政策理事会の決定・指示に沿って金融政策を実施し、ユーロ圏の中央銀行に対し必要な指示を与える。

役員会
役職 氏名 (任期満了年月) (前職)
総裁 マリオ・ドラギ 2019年10月 イタリア銀行総裁
副総裁 ヴィトル・コンスタンシオ 2018年5月 ポルトガル中央銀行総裁
専任理事 ピーター・プラート 2019年5月 ベルギー中銀理事
専任理事 サビーヌ・ラウテンシュレーガー 2022年1月 ドイツ銀行副総裁
専任理事 ブノア・クーレ 2019年12月 フランス財務次官
専任理事 イブ・メルシュ 2020年12月 ルクセンブルク中央銀行総裁

政策理事会:政策理事会は、役員会メンバー6名とユーロ圏の中央銀行総裁13名から構成(合計19名)。金融政策を決定する権限を有するECBの最高意思決定機関。

一般理事会:一般理事会は、ECB総裁及び副総裁、ユーロ圏・非ユーロ圏の各国中央銀行総裁(25名)から構成(合計27名)。ユーロ圏と非ユーロ圏の中央銀行との協力の場。

通貨名称

1999年1月にEU加盟国中11か国で単一通貨ユーロを導入(ユーロ貨幣の流通は2002年1月から)。2001年1月にギリシャ、2007年1月にスロベニア、2008年1月にマルタ、キプロス、2009年1月よりスロバキア、2011年1月よりエストニア、2014年1月よりラトビア、 2015年1月よりリトアニアが加わり、参加国は19か国に拡大。

変動要因

  1. 欧州中央銀行の金融政策等が注目されます。金融政策会議は原則毎月第1,第3木曜に開かれ、政策金利等の決定が為されます。
  2. 経済指標ではユーロ圏全体及びドイツ、フランス両国が注目されます。ドイツの経済指標ではGDP、失業率、貿易収支、経常収支、IFO業況指数などが代表的です。
  3. ユーロを採用している国々の財政状態もしばしば変動要因となります。特に各国の財政赤字の拡大は、ユーロの基盤を弱めるとしてしばしば材料視されます。
  4. EU加盟国内の政治情勢も材料視されます。

政治体制

立憲君主制ですが文章化された憲法はありません。議会は上院(貴族院)、下院(庶民院)の二院制となっています。首相は下院から選出されます。首相はテリーザ・メイ氏(2016年7月~)、中央銀行(イングランド銀行)総裁はマーク・カーニー氏(2013年7月~)。

経済情勢と経済データ

英国経済は、内需の下支え、ポンド安を背景とした輸出の増加により経済成長が継続。EU離脱決定後は、今後の見通しについて下方修正が続きましたが、現在のところ英経済は予想よりもかなり良好な状態で推移しています。

一般事情
1. 面積 24.3万km2(日本の約2/3)
2. 人口 6,511万人(2015年)
経済(単位 米ドル)
主要産業 航空機、電気機器、エレクトロニクス、化学、金属、石油、ガス、金融
主要貿易品目 (1)輸出:原油・石油製品、道路走行車両(=自動車)、医薬品、発電機
(2)輸入:原油・石油製品、道路走行車両(=自動車)、電気通信機器、録音・音声再生装置
主要貿易相手国:ドイツ、米国、オランダ、フランス、中国
各種指標 単位 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
2. GDP(実質) 10億ポンド 1,659 1,589 1,614 1,646 1,665 1,701 1,750 1,789
3. GDP(名目) 10億ドル 1,520 1,486 1,556 1,619 1,665 1,735 1,817 1,864
4. 一人当りGDP ポンド 24,750 24,044 24,984 25,590 26,139 27,072 28,132 28,634
5. 経済成長率(実質) -0.5 -4.2 1.95 2.0 1.2 2.2 2.9 2.2
6. 消費者物価上昇率 3.8 2.2 3.3 4.6 2.7 2.0 0.9 0.1
7. 失業率 5.7 7.6 7.9 8.1 8.0 7.6 6.2 5.4
8. 輸出額 10億ポンド 421 399 444 497 499 518 512 510
9. 輸入額 10億ポンド 467 433 487 524 536 557 548 549
10. 財政収支 年、GDP比% -5.0 -10.7 -9.6 -7.7 -7.7 -5.6 -5.6 -4.4
11. 主要貿易品目 (1)輸出:金、自動車、原油・石油製品、医薬品、航空機等
(2)輸入:自動車、原油・石油製品、医薬品、金、電気機器等
主要貿易相手国:ドイツ、米国、オランダ、フランス、中国

出典:外務省HP

政策金利(レポ金利、市場貸出金利とも)

日本における日本銀行にあたるのがイングランド銀行(BOE)であり、政策金利を始めとする金融政策はBOEに設置されている金融政策委員会(MPC)で決定されます。定例会合は原則として毎月一度、上旬の水・木曜日に開催されます。MPCのメンバーは総勢9人で、それぞれ平等に1票ずつ有しています。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁です。これは決定投票となった場合、その票を実際上の決議とするためです。会合の議事録は2週間後の水曜日に発表されます。

通貨名称

正式名称は“スターリング・ポンド”。 “ポンド”は古代ローマ時代のポンドゥス(Pondus)で、当時重さ1ポンドゥスの銀から銀貨が作られ、イギリスでも、1ポンドの銀から銀貨を作ったことがその由来となっています。またこの由来もあって“スターリング(Sterling)”の意味は「正真正銘」とか「純銀の」という意味合いがあります。日本では単に“ポンド”と呼称されることが多いようです。他にも略称としては“スターリング(或いはスターリン)”や“ケーブル”とも呼ばれます。“ケーブル(Cable)”は昔英と合衆国の間に海底ケーブルを使った通信手段があり、大西洋間のケーブル(電信)でポンドのレートを知らせてきたからという由来からきています。ただ最近ではケーブル(Cable)”は市場関係者でも使う人は少なく、どちらかと言うと、為替のベテランの方にその呼び名が残っているようです。表記では£、GBP。

変動要因

変動要因としては自国の経済指標、金利動向により敏感に反応します。高金利通貨として、英中銀金融政策委員会(MPC)による政策金利の発表も注目されます。また、イギリスが北海油田を持っていることから、しばしば石油価格の変動の影響を受けることがあります。短期的にせよ、長期的にせよ、値動きが非常に荒っぽく、また、変動幅も大きいので注意が必要です。

イギリスの祝日
1月1日 ニューイヤーズデー(元旦)
4月ごろ(移動祝日) グッドフライデー(聖金曜日)
イースターマンデー(復活祭月曜日)
5月第1月曜日 アーリーメイバンクホリデー(五月祭)
5月最終月曜日 スプリングバンクホリデー(五月祭終り)
8月最終月曜日 サマーバンクホリデー(夏季銀行休業日)
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー(プレゼントをする日)
  • ユーロ/ポンド情報
  • ユーロ通貨情報
  • ポンド通貨情報

このページの先頭へ