FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替(各国通貨ペア情報)

  • メキシコペソ/円情報
  • メキシコペソ通貨情報
Pair 売(Bid) Spread 買(Ask)
MXN/JPY

※上記レートは参考レートです。実際の取引レートとの間に相違が生じる場合がございます。

チャート

メキシコペソ/円ロングチャートクリックすると拡大します


スマートフォンアプリ「HyperSpeedTouch / nano」では、リアルタイム更新のレート、チャート情報をご覧いただけます。
マネーパートナーズの口座をお持ちでない方も無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

政治体制

立憲民主制による連邦共和国。現在の大統領はエンリケ・ペニャ・ニエト氏(2012年12月1日~)。大統領の権限は絶大で、行政府の長であるほか、立法府も司法府も事実上大統領の統制下にあるなど、周辺諸国の大統領と比べて強い権限を有しています。その一方、大統領の任期は1期6年限りで、再選は禁止となっています。

経済情勢と経済データ

(1)メキシコは1990年代前半にAPEC参加(1993年),NAFTA発効(1994年),OECD加盟(同年)を実現。1994年12月に通貨危機が発生。その後,深刻なリセッションを経験するも,危機を境に生じたペソ安により貿易収支が黒字に転化。GDP成長率も1996,1997年は5%超の高成長を記録。1999年及び2000年には,好調な米国経済と石油価格高騰を背景に輸出が拡大。
(2)近年の実質経済成長率は2007年には米国経済の悪化を受けた自動車など輸出製造業の不振等の影響で3.2%,2008年は1.4%と低下。2009年は,世界的な経済危機の影響により,-4.7%となったが,2010年は5.1%に回復。2011年及び2012年は4.0%,2013年は1.4%,2014年は2.1%となった。
(3)昨今の原油価格の低迷を受け,メキシコ政府は2015年1月に歳出削減措置を発表したが,米国経済の回復基調・ペソ安の影響を受け,北米輸出が堅調となり,また国内民間消費も好調であったことから,2015年は2.5%,2016年は2.3%の成長率となり,7年連続のプラス成長を記録した。

一般事情
1. 面積 196万平方キロメートル(日本の約5倍)
2. 人口 約1億2,701万人(2015年国連)
主要経済指標(出典:メキシコ国家統計地理情報局(INEGI)、メキシコ中銀、IMF)
-
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
名目GDP総額(億ドル)(INEGI)
11,867
12,622
12,827
11,443
10,460
一人当りGDP(名目:ドル)(IMF)
10,111
10,630
10,715
9,009
8,554
実質GDP成長率(%)(INEGI)
4.0
1.4
2.1
2.5
2.3
消費者物価上昇率(%)(INEGI)
3.57
3.97
4.08
2.13
3.36
失業率(%)(INEGI)
4.95
4.92
4.51
4.35
3.88
対外債務残高(億ドル)(中銀)
2,257
2,593
2,858
2,979
3,093
輸出額(億ドル)(INEGI)
3,708
3,800
3,971
3,808
3,807
輸入額(億ドル)(INEGI)
3,708
3,812
4,000
3,952
4,052
外貨準備高(億ドル)(IMF)
1,604
1,754
1,932
1,767
1,765
出展:外務省HP

政策金利

中央銀行はメキシコ銀行(Bank of Mexico)。「メキシコ中央銀行」とも呼ばれます。政策金利はオフィシャル・オーバーナイト・レート。いわゆる新興国に分類されるメキシコの政策金利は、比較的高めなことで知られています。

通貨名称

メキシコペソ。メキシコの漢字表記が「墨西哥」のため、日本での略称は墨ペソ(ぼくペソ)。補助通貨はセンターボで、1ペソ=100センターボ。1993年にデノミネーションが実施された際、通貨名称が新ペソ (nuevo peso) となったため、各国(または地域)の通貨名称を3文字で記述するISO 4217 コードは「MXN」となりました。1996年に通貨名称はペソ (peso) に戻されましたが、ISOコードはMXNのままとなっています。

変動要因

BRICsに続く新興国市場群とされる11カ国「ネクストイレブン(N-11)」に名を連ねるメキシコは、今後の経済発展が期待されています。1994年のNAFTA発効以降、米国との経済関係が強まり、輸入全体の約47%、輸出全体の約81%を米国が占めています(2016年メキシコ経済省)。このためメキシコの経済およびメキシコペソ相場は、アメリカ経済の影響を受けやすい傾向があります。そしてメキシコは石油や鉱物資源に恵まれているため、原油をはじめとする商品市況の動向が、メキシコペソ相場に与える影響も無視できません。

一方でメキシコ国内では、メキシコ政府と麻薬組織(カルテル)との武力紛争、また麻薬カルテル同士の争いが後を絶たず、メキシコおよびメキシコペソに対するリスク要因となっています。また新興国通貨であるメキシコペソは流動性が薄いため、米ドル・ユーロ・円といった主要国通貨と比べ極端な値動きになりやすいリスクがある点にも注意が必要です。

メキシコの祝日
1月1日 新年
2月第1月曜日 憲法記念日
3月第3月曜日 ベニート・フアレス生誕日
5月1日 メーデー
9月16日 メキシコ独立記念日
11月第3月曜日 メキシコ革命記念日
12月25日 クリスマス
  • メキシコペソ/円情報
  • メキシコペソ通貨情報

このページの先頭へ