FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第876回 2020年10月1日~7日までの為替見通し

2020年10月01日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗106.158
均衡105.084
下値支持104.077

●ユーロ円
上値抵抗124.280
均衡123.050
下値支持122.255

●豪ドル円
上値抵抗76.730
均衡75.096
下値支持74.278

すでにご存じのように、10月1日東京証券取引所の取引がシステムトラブルで全面ストップとなりました。
機器の故障説、クラウドに問題があるという説。
いろいろ言われますが、あってはならない事態で抜本的対策が急がれます。

仮にクラウドに問題があるなら、今後、東証にとどまらず、自動運転やIOTによる生活インフラ管理面などで重大な支障が出る可能性を示唆していることになります。
ファイブアイズに日本を加えデジタルアライアンスしていこうとしているイギリス等にとっても看過できない事態ではないでしょうか。

日本では菅新総理がデジタル庁創設を目指しています。管轄を明確にしたうえで早々に特にマーケットに関するデジタル遅延や停止防止に向けた取り組みに着手していただきたいと願っています。

もちろん、東証もこの由々しき事態の背景や原因を一刻も早くIR担当者なりCEOがアナウンスすべきでしょう。でないと、グローバル社会から東証の評価が大きく落ちてしまいます。

一方、個人投資家は資産運用先を多様に振り分けておく必要を今回の事態で実感されたと思います。
日本株式だけで運用しているとこのような事態に「換金力」という点で無力です。外国株式やFX、金現物などで「いつどんな時にお金が必要になるかわからない事態」への備えを充実させておくべきでしょう。

さて、海外に目を向けると中国では社債デフォルトが急増しているとの説や大型ゼネコン倒産説などが三峡ダムの脆弱性とともに懸念されています。
言われているほど景気回復はしていない説を考慮しておきたいところですし、場合によっては」灰色のサイ=大きな危機=サイがそこにあることは意識されていても実際に動き出すと予想外の大きさに驚くたとえ」がマーケットを動かすリスクには目を向けておきたいですね。どの程度、リスクをとるか、証拠金能力での対策も講じておきましょう。

アメリカでは超語句に厳しいトランプ現職大統領VS親中派と目されるバイデン候補者の討論会の初回が9月29日実施されました。
バイデン氏はひたすら主張だけする練習を相当量、してきたと感じさせる戦術を取りました。
一方、トランプ大統領はバイデン氏の息子がかかわったとされる疑惑の究明に触れ、揺さぶりをかけます。しかし、第一回目に関してはバイデン氏逃げ切りの印象がありました。
そもそも、バイデン氏は息子ともどもお金にまつわる様々な指摘がある人物だということは10月1日に明らかになった議会の調査結果で示されており、彼が大統領になって何をなしたいのかも今一つはっきりしません。
唯一、明確なことは「増税する」との主張でそれはマネーマーケットや企業活動にはマイナスと考えると招かれざる部分があると思います。

後に二回、両者の討論が予定されており、その結果いかんで株式や為替も影響すると思います。第一回目を受けて「さて、どうなるか?」という矢先に東証が売買停止とは皮肉ですが、10月15日と22日の討論も見守りマーケットの変動を見たいですね。
いずれにしろアメリカ大統領選挙の11月3日は目前。結果がどうなれ、それまで様子見、待機してきたマネー運用が活発化するのは間違いないと思います。上にか下にか、どう展開しても大きく損しないストラテジーで対処したいものです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第876回 2020年10月1日~7日までの為替見通し